仮面をかぶった女剣闘士の素顔って?――会場でひと目その姿を目撃した人はそう思うに違いない。アクワイアが2009年11月12日に発売する予定のゲーム『剣闘士 グラディエータービギンズ』のキャラクターをイメージしたコスチュームの謎の女性だ。仮面をかぶり、迫力のプロポーションで登場するや、イベント会場は携帯電話やカメラで写真を撮る人でごったがえす。

仮面(かぶと)を装着したなぞの女剣闘士がステージに登場。一斉にアマチュアカメラマンたちのフラッシュがたかれる(画像クリックで拡大)

 気になるのはその素顔。東京ゲームショウ期間中のイベントで明かされるのかと思いきや、それはお預けに。「正体はリリースされる体験版で明らかになる」とか。ゲーム中では仮面を外せるのだそうだ。

ステージ終了後の女剣闘士が舞台裏から出てきた(画像クリックで拡大)

余裕の表情(おそらく)で手を振る女剣闘士。この後、その仮面の下が明らかにされるとは知らずに……(画像クリックで拡大)

 この女剣闘士は、オーディションで約20人の中から選ばれた。仕掛け人で、アクワイアの販売プロデュース部プロデューサー、広瀬和彦氏は「ゲームショウ後にオーディションの模様なども公開する予定」と話す。背丈と体力がある人を選んだのだそうだ。

 そこで日経トレンディネットでは、ゲームショウ最終日の9月27日、彼女にインタビューを試みた。さらに、あわよくばその“仮面の下”を白日の下にさらすべく、笑顔と不安な表情とが入り混じる広瀬プロデューサーを横目に、限界ギリギリの撮影にもチャレンジ! 果たして、その素顔とは?

腰をくねらせながら、ゆうゆうと東京ゲームショウ会場を後にする女剣闘士。もちろん、彼女の行く手には、多数のカメラマンが待ち構えている(画像クリックで拡大)