マイクロソフトの次期Windows OS「Windows 7」の発売が近づいてきた。多くの人がWindows Vista/XPからのアップグレードを考えているのではないだろうか。ご存知の通り、Vistaには複数のエディションがあり、Windows 7にはVistaとは別の名前で複数のエディションがある。どのエディションからどのエディションにアップグレードできるのか、新規インストールしなければならないのかどうか、アップグレードと一言で言ってもその中身は非常に複雑だ。

 複雑なアップグレードパスを整理し、アップグレードの注意点やデータ移行方法を紹介しよう。なお、本記事はマイクロソフトが9月11日に開催した報道陣向けの説明会を元に構成している。

既に製品版であるRTM(製造工程版)がリリースされているWindows 7。RCと大きな違いはないが、ブラッシュアップされてより軽快さと安定性が増した印象だ。ちなみに金魚の壁紙は入っていない。小売開始予定は10月22日(画像クリックで拡大)