小型なボディにネットブック並みの液晶、その性能を発表会で検証

 スマートフォンでは力不足で、ネットブックはちょっと重い。そんな一長一短なモバイル端末業界に、小さくて実用性もある新顔が登場した。それがシャープの「NetWalker PC-Z1」だ。409gの軽さと5インチワイドでネットブック並みの液晶、10時間持つバッテリーを搭載したNetWalkerは、まさにいつでもバッグの片隅に入れて持ち歩ける端末だ。それでいて、普段パソコンで使っているようなウェブの利用をほぼ問題なく行える性能を持っている。

 小型・軽量と高性能を両立できた理由は、Linuxのディストリビューション「Ubuntu」の搭載。Ubuntuは、元々PC向けのものであったが、2009年4月の「9.04」からスマートフォンやMID(モバイルインターネットデバイス)などに載っているCPU、ARMに対応。加えてARMの劇的な高速化もあり、小型端末でもパソコン並みの使い勝手が可能になったのだ。さらに、ARMでもパソコンのUbuntuと同じアプリを使えるのが魅力だ。

 この端末が意識しているのが、ネット上で様々なデータをため込み、どこでも処理できる「クラウドコンピューティング」。これは今まで最低限ネットブックの性能がないとできないことだったが、技術の整備で、400g程度の端末でも可能になったのだ。シャープは以前「Linuxザウルス」を発売していたが、その時代にはなかったコンセプトだ。そんな新世代端末、NetWalkerを発表会で検証してみた。

コンパクトな外観に優れた拡張機能

 まず、外観から見ていこう。大きさを最も簡単にイメージできるのが、電子辞書。大型で高性能な電子辞書とだいたい同じサイズだ。参考までに寸法を比較しておくと、NetWalkerが約161.4×108.7×19.7-24.8mmなのに対し、SIIの電子辞書「SR-G10001」が141.3×104.4×14.8mm-19.7mm。NetWalkerの方が少し厚みがあり、ワイド画面の分幅があるという感じだ。

「iPhone 3GS」との比較。小さいバッグに入れてちょうどいい感じだ(画像クリックで拡大)

なつかしの「MobileGear MC-R550」との比較。キーボードはさすがに敵わないが、解像度はこちらの方が圧倒的に高い(画像クリックで拡大)