ベタープレイスが提案するバッテリー交換ステーション。バッテリーは対応EVの底面に取り付ける構造で、自動制御によって約1分30秒で取り外しと充電済みバッテリーの取り付けを完了する。写真下奥に見えるのがバッテリーを積んだ台車。ベタープレイスのサイトで実際の交換作業ビデオが視聴できる(画像クリックで拡大)

 2010年から、いよいよ国産自動車メーカーによる電気自動車(EV)の一般向け販売が始まる。三菱自動車は10年4月から「i-MiEV(アイ・ミーブ)」の個人向け販売を開始予定で、09年7月31日から購入希望受付を開始している。日産自動車は09年8月2日に新型EV「リーフ」を発表、10年度後半に日本と北米、欧州で発売する予定だ。

 しかしEVには、通常のガソリン車やハイブリッド車に比べるとさまざまな弱点がある。中でも不利なのが、「航続距離の短さ」「充電時間の長さ」「高価なバッテリー」の3つだ。この弱点を解消し、電気自動車の便利性を高めて普及を進めるための決め手が、米国のベンチャー企業ベタープレイスが提案する、バッテリー交換式EVとバッテリー交換ステーションを組み合わせた手法だ。

09年4~6月には横浜市にバッテリー交換ステーションを設置して、バッテリー交換の実証実験を行った。対応EVは日産「デュアリス」をベースにベタープレイスが改造したもの(画像クリックで拡大)

 ベタープレイスが担当するのはバッテリー交換ステーション運営などのインフラ提供で、対応EVは提携自動車メーカーが生産する。ユーザーは対応EVを購入して、設備や交換バッテリーの利用に必要な固定費と、消費電力に応じた従量料金をベタープレイスに支払う。ちょうど携帯電話の料金システムに似た仕組みを想定している。

 日本法人のベタープレイス・ジャパンでは、バッテリー交換ステーションと日産「デュアリス」を改造した対応EVを使って、09年4~6月に横浜市で実証実験を進めてきた。約1分30秒でバッテリーを交換できることや、2000回の交換でもトラブルが出ないことを確認している。さらに10年1月からはタクシー会社の日本交通と共同で、六本木ヒルズを拠点に、3台のバッテリー交換式タクシーを使った運用実証実験をする予定だ。