Windows Vistaで使える便利なテクニックを紹介する。作業時間の短縮や効率化につながるテクニックなので是非試してもらいたい。

(文/湯浅 英夫)

1.圧縮フォルダの中から特定のファイルだけを取り出す

 Windows Vistaは、ZIP形式の圧縮・解凍機能を備える。ZIP形式で圧縮したフォルダは、普通のフォルダと同じようにエクスプローラで扱える。解凍せずに圧縮フォルダ内のファイルを開いたり、取り出したりできるのだ。圧縮フォルダの中から特定のファイルを取り出したい場合は、いちいち解凍するよりもエクスプローラ上で操作した方が時間がかからない。ドラッグ・アンド・ドロップで圧縮フォルダ内にファイルを追加することも可能だ。

ファイルやフォルダを圧縮するには、右クリックして「送る」→「圧縮(ZIP形式)フォルダ」を選ぶ(画像クリックで拡大)

圧縮したフォルダを開いて中を見るには、右クリックして「エクスプローラ」を選ぶ。「開く」を選ぶかダブルクリックでも開けるが、別の圧縮解凍ソフトがインストールされていると解凍してしまうことがある(画像クリックで拡大)

圧縮フォルダ内の内容がエクスプローラで表示される。フォルダをダブルクリックすれば、普通のフォルダと同じように開ける(画像クリックで拡大)

開いた中にあるファイルも、普通のファイルと同じように扱える。開くには右クリックして「開く」を選択するか、ダブルクリックする(画像クリックで拡大)

特定のファイルだけを、ドラッグ・アンド・ドロップで圧縮フォルダから取り出せる。右クリックメニューで「コピー」を選んでから、ほかの場所で「貼り付け」コマンドを実行すればコピー&ペーストできる。右クリックしながらドラッグして表示されるメニューで「ここに移動」を選ぶとカット&ペーストになる(画像クリックで拡大)

圧縮フォルダに、ファイルを追加することもできる。この場合もエクスプローラ上で実行するか、圧縮フォルダにドラッグ&ドロップすればよい(画像クリックで拡大)