オリンパスイメージング

オリンパス・ペン E-P1

発売日:2009年7月3日

実売価格:12万9800円
 (ツインレンズキット)

このモデルの注目ポイント ライバル機種はズバリこれ!
・所有欲をそそられる薄型の金属製ボディー
・パンケーキレンズとのセットモデルを用意
・ボディー内手ぶれ補正機構を内蔵
・カメラ単体でさまざまな効果を加えた写真が撮影できるアートフィルター
・マウントアダプターにより、さまざまなマウントのレンズが使用できる

 前回の記事「オリンパス『ペン E-P1』、機能と操作性を大解剖」に引き続き、オリンパスイメージングのマイクロフォーサーズ対応デジタル一眼「E-P1」の使用感をレビューしていこう。

 E-P1の売れ行きが好調のようだ。筆者の周囲でも、写真を趣味としている人の多くがE-P1に興味を示している。面白いのが、これまであまりカメラに興味がなかったのに、E-P1には注目している人が見受けられたこと。このところ頻繁に流れる印象的なテレビCMが功を奏したのだろう。

 カメラ量販店などの通販サイトでは「入荷次第の発送」や「在庫わずか」という文字をよく見かける。発売日以前に予約した人にプレゼントされるフォーサーズマウントアダプター「MMF-1」の発送が遅れているという発表も、製品の売れ行きのすごさを裏付けているといえよう。筆者は、発売日の翌日に必要な書類を発送したこともあり、すでに手元に届いている。

純正レンズはまだ少ないが、パナソニック製レンズに注目したい

 オリンパスイメージングのマイクロフォーサーズ対応レンズは、現在のところ17mmパンケーキレンズと標準ズームレンズの2本しかない。今後の展開としては、来春までに超広角ズームレンズと高倍率ズームレンズの2本を発売する、という発表があるにとどまっている。

オリンパスイメージングの純正レンズは、17mmのパンケーキレンズ(左)と14-42mmの標準ズームレンズ(右)を用意している(画像クリックで拡大)

マイクロフォーサーズ対応交換レンズのロードマップ。超広角ズームレンズと高倍率ズームレンズを今年度に発売するほか、「趣味性の高いレンズも検討中」とのことで、単焦点レンズや魚眼レンズなども登場しそうだ(画像クリックで拡大)

 ひと足先にマイクロフォーサーズ機を送り出したパナソニックは、標準ズームレンズと望遠ズームレンズに加え、高倍率ズームレンズと超広角ズームレンズをすでに発売している。今後、パンケーキレンズと望遠マクロレンズの2本を発売するとアナウンスしている。

 同じ規格を採用していることもあり、これらのレンズはメーカーの枠を超えて相互に使用できる。当然ながら、絞りやオートフォーカスもしっかりと作動する。