鹿野貴司カメラマン
「待ちに待った金属ボディーのデジタル一眼、OMレンズも使いたい」

 実は、マイクロフォーサーズ規格が発表された時から「出たらスグ買う!」と決めていました。しかし、パナソニックの「LUMIX DMC-G1/GH1」は、僕の欲しいものとちょっと違っていたのでパス。今回、ようやく欲しいものが出たので、発表と同時に予約をしました。

 かねがね僕が欲しかったのは「小さくて使いやすくて、そしてよく写るカメラ」。かつてフィルムで作品を撮っていたころは、高級コンパクトカメラの先駆けといわれたコニカ・ヘキサーや、ライカMシリーズ、そして一眼レフではオリンパス・OMシリーズを使っていました。フィルムカメラでは、コンパクトカメラの描写性能が一眼レフカメラを超えることが珍しくなかったのです。

 ところがデジタルになると、カメラのサイズが写りに比例するようになりました。特に、センサーのサイズが大きく異なるコンパクトと一眼レフの差は顕著。気が付いたら、僕もヘビー級のデジタル一眼レフを使うようになっていました。

根強いファンを持つ、リコーのコンパクトデジカメ「GR DIGITAL II」。撮像素子は1/1.75型の有効1001万画素CCDで、レンズは35mm判換算で28mmの単焦点だ

 しかし、大きさゆえの不自由もあって、2008年夏にリコーの「GR DIGITAL II」を購入。ブログ用の写真や、旅先でのスナップにフル活用するようになりました。確かに、GR DIGITAL IIは使いやすく、しかも楽しいカメラです。ただ、画質という点では、デジタル一眼には及びません。F2.4と明るいレンズを積んでいるものの、ボケを生かすことも難しい。もちろん、その点を差し引いても魅力のあるカメラには違いないのですが……。

 だから、僕は「デジタル一眼レフのセンサーを積んだコンパクトデジタルカメラ」をずっと求めていました。実は、シグマの「DP-1」も試したことがあり、確かにあれは一眼レフを超える描写力でした。ただ、スナップを撮る僕には「1枚撮ってまたすぐ1枚」ができないことが不満でした。「DP-2」ではずいぶん改善されましたが、それでもまだ購入を決断するには至っていません(でも期待していますよ、シグマさん!)。

 一方で、フィルム時代にコンパクトなOMシリーズを展開していたオリンパスへの期待もありました。デジタル一眼レフのEシリーズでかなりの小型軽量化を実現していましたが、もっと小さくできるはずだと思っていました。メーカーの担当者にも「フォーサーズマウントのコンパクトカメラが出たら、すぐ買います!」と話したことがあります。なので、マイクロフォーサーズ規格が発表されたときは「キターッ!」といった気分でした。

フォトイメージングエキスポ2009で展示されていた、マイクロフォーサーズ対応デジタル一眼のモックアップモデル。E-P1の発表会において、このデザインは最終選考に残った5つのデザイン案のうちの1つだと明かされた(画像クリックで拡大)

 もっとも、当初発表されたモックアップはオモチャみたいで、正直いって期待外れ。OMユーザーとしてはもっと硬派なカメラを期待していたので「いずれプロ仕様が出たら買おう」と思っていました。

 ところが、発表されたのはなんと「現代版のオリンパス・ペン」。そうきたか!と再び感激して、そのあまりすぐさま注文をしてしまった次第です。

 E-P1の魅力は、なんといってもアルミと磨き上げたステンレスのボディー。今のデジタル一眼レフはプラスチック製かマグネシウム製で、金属の質感が楽しめるカメラが皆無。そんななか、デジタル一眼としては初の本格金属ボディーです。

 僕の成長記録を撮るために父親が買ったカメラ(35DC)も、僕自身が初めて使った一眼レフ(OM10)も、そしてほんの数年前まで使っていたメインカメラ(OM-4Ti BLACK)も、すべてオリンパスの金属製カメラ。いずれも、金属の質感は他メーカーのカメラより高いものでした。E-P1の金属ボディーもその伝統をしっかり受け継いでおり、発表会で手にしたときの第一印象は「父さん、金属だよ!金属!!」、そう言いたいほど感動的なものでした。

 外見だけでも大満足なのに、ダストリダクションや手ぶれ補正機構、E-30やE-620と同じ1230万画素のセンサーを搭載。新しい映像エンジンまで積んで、スペック的にも何ら不満はありません。

フォーサーズ用のパンケーキレンズ「ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8」。35mm判換算では50mm相当になる。ボディーがコンパクトなE-420との組み合わせが人気を呼んだ(画像クリックで拡大)

 何より物欲を刺激したのが、合わせて発表された17mm F2.8のパンケーキレンズ。35mm判換算で34mmという焦点距離は、僕の好みにぴったりだったのです。実は、Eシリーズ用の25mm F2.8のパンケーキレンズが出た時も、少しだけ物欲指針計が振れたのですが、35mm判換算で50mmの焦点距離はスナップにはちょっと長いので、パスをしたのでした。

 僕が予約をしたのは、もちろんシルバーボディー。ホワイトボディーも魅力だったんですが、やっぱり金属の質感を楽しみたいなと。そして、迷わず17mmと14-42mmのツインレンズキットにしました。17mmがマストバイなのは前述の通りですが、本気の撮影にも耐えるスペックならば標準ズームもあった方が便利かなと。Eシリーズのキットレンズである14-42mmがかなり描写力が高いので、このレンズもきっといい描写に違いない、という期待もあります。

 OMレンズを4本持っているので、OMマウントアダプターもしっかり予約。本革製のボディージャケットとストラップは、本体がシルバーにもかかわらずブラウンではなくホワイトを選んでみました。Eシリーズ用の白いボディージャケットが結構魅力的だったこともあるんですが、シルバーボディーに白っていうのも合うんじゃないかと。昔のカメラは、シルバーボディーを「白」と言ってましたしね。

鹿野カメラマンの写真展「甦る五重塔 身延山久遠寺」が開催!

 鹿野カメラマンの写真展「甦る五重塔 身延山久遠寺」が全国3会場で開催! 東京は2009年7月2~8日(キヤノンギャラリー銀座)、札幌は2009年8月17~28日(キヤノンギャラリー札幌)、仙台は2009年9月24~10月2日(キヤノンギャラリー仙台)。詳細は、鹿野カメラマンのブログ(http://blog.tokyo-03.jp/)でも詳しく紹介されているぞ。