オリンパスイメージング初のマイクロフォーサーズ対応デジタル一眼「オリンパス・ペン E-P1」。金属製の薄型ボディーと、スリムな本体の魅力を引き立てるパンケーキレンズの組み合わせが魅力的だ(画像クリックで拡大)

 オリンパスイメージングのマイクロフォーサーズ対応デジタル一眼「オリンパス・ペン E-P1」の発売がいよいよ2009年7月3日に迫ってきた。多くのユーザーをひと目ぼれさせたE-P1の魅力を、製品版モデルの実機写真でチェックしてみたい。

 E-P1を購入しようと決めた人でも、どのモデルを選ぶか悩んでいる人は多いはず。ボディーカラーをシルバーかホワイトのどちらにするかも悩むところだ。そこで、いち早くE-P1を予約した2名のカメラマンに、購入を決めたポイントが何だったのかや、実際に予約したモデルがどれなのかを聞いてみた。

一番人気になると思われる、シルバーボディーと17mmのパンケーキレンズの組み合わせ。背面は、これまでにないボタン配置で若干迷いそうだが、2つのダイヤルでキビキビと操作できそうだ(画像クリックで拡大)