6月27日、アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が公開される。1995年から翌96年にかけて放送されたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のストーリーをベースに、新キャラクターや新たなエピソードなどを加えた四部作の第二弾である。第一弾の『序』は、一昨年に公開され、約200万人を動員、興行収入20億円の大ヒット作となった。今作では新キャラクター、真希波・マリ・イラストリアスが登場。また、今までにはなかったストーリー展開が期待され、公開前から前作以上の盛り上がりを見せている。

 そんな中、各企業のタイアップ商品・キャンペーンが巷(ちまた)をにぎわせている。UCC 上島珈琲の「UCC COFFEE ミルク&コーヒー ヱヴァンゲリヲン缶250g-2009年度バージョン-(通称ヱヴァ缶)」、NTTドコモの「SH-06A NERV(通称ヱヴァ携帯)」、ローソンの「ヱヴァンゲリヲンキャンペーン」、パチンコの「CR新世紀エヴァンゲリオン 最後のシ者」、箱根町の「ヱヴァンゲリヲン箱根補完マップ(ヱヴァ観光マップ)」など数え上げればきりがない。既に“エヴァ市場”に参加している企業は前作の10倍以上になっている。

 そして、そのどれもが爆発的な売れ行き。ヱヴァ缶は、前作時の出荷本数300万本に対して既に600万本を出荷、ヱヴァ携帯はドコモショップでの2万台先行予約がわずか5時間ほどで終了、ヱヴァ観光マップは予定枚数の倍を配布……などなど、100年に1度の大不況の真っ最中とは思えない勢い。参加企業はまだまだ増える見込みとか。

 元々、エヴァンゲリオン(従来のアニメ、劇場版の表記。新劇場版は「ヱヴァンゲリヲン」と表記する)はその内容の不可解さ、謎の多さが話題となって人気を呼んだ、比較的“マニアック”なアニメ。そんなアニメがなぜ不況をものともしない巨大市場を築き上げることができたのだろうか。その背景を探ってみた。

エヴァコラボ商品としては古株の“ヱヴァ缶”(UCC 上島珈琲)。1997年の劇場版公開時に初めて発売された(画像クリックで拡大)

NTTドコモとのコラボで生まれた「SH-06A NERV」。価格は9万円程度を予定。テレビシリーズの時にはまだ普及していなかった携帯電話が、今作では重要なアイテムとして登場する(画像クリックで拡大)

■関連サイト