パナソニックの「Let'snote」といえば、モバイルノートPCの定番として有名なシリーズだ。耐衝撃性や防水設計が施された軽量ボディーと、長時間バッテリー駆動への対応、シンプルながら美しいデザインは、ビジネスマンを中心に絶大な人気がある。

 Let'snoteは、もともと新品の価格が高く、中古品のニーズはかなり高い。そのため、中古市場での価格も高めで推移していた。一般的なA4ノートやデスクトップPCと比べても、中古価格の下がり方は緩やかだった。

 だが、今年に入ったあたりからLet'snoteの中古価格が大きく値崩れしてきている。なかでも、旧世代となるPentium Mモデルの価格下落が著しい。程度のよい商品でも5万円を切る価格で買えるようになり、付属品などに欠品のある商品は2万円台で売られることも!

高値安定だったLet'snoteの中古品だが、ここ数カ月で一気に価格が下落! これまで価格が高くて購入をあきらめていた人も、今が買い時なのだ(画像クリックで拡大)

5万円以下で買えるネットブックの登場で、一気に値下げが加速

 ここまで急激に値下がりしたのは、ネットブック人気の影響が大きい。アスーステック・コンピューターの「Eee PC」の登場以来、5万円もあれば新品のネットブックが購入できるようになった。大手量販店では、モバイル向け通信契約とのセットで100円で販売するところも増加。それを受けて、中古ノートPCの価格も急激に下がってきたのだ。

低価格のネットブックが人気を集め、「パソコンは安くないと売れない」という状況に。100円パソコンの普及も、中古パソコンの低価格化に拍車をかけた

 中古ショップも「中古のノートPCと新品のネットブックが同じ価格で並んでいたら、ほとんどの人は後者を選ぶでしょう」(じゃんぱら秋葉原5号店・西條俊文氏)と嘆くほど。中古ノートPCは、価格を安くしないと売れない状況になってしまった。人気のLet'snoteでさえも例外ではないのだ。

 実際、Windows XPでインターネットやメールなどの基本的な使い方をするならば、Let'snoteもネットブックも体感的な違いはそれほどない。液晶モニターの解像度やハードディスク容量もほぼ同じであり、「ネットブックでいいや」と思ってしまうのも仕方がない。