定額給付金を当て込んだ商品は数々出ているが、日本マクドナルドが5月15日から発売する商品券のインパクトは大きい。マクドナルド商品2万円相当分を買える商品券を、1万2000円で発売するのだ。

 その商品券は、5月15日から7月末まで全国のマクドナルドで発売される「“景気をつかもう”商品券」。日本マクドナルドの発表では、各店売切れ次第販売終了となる。1万2000円で2万円分の商品を買えるということは、8000円分まるまる得をするということだ。普通の商品券に比べて、かなり得であることは明らか。売り切れる前に買いに行こうという気になる。でもその前に、この商品券の内容を吟味して、果たしてどれほど得なのかを吟味してみたい。

「“景気をつかもう”商品券」(画像クリックで拡大)

 まずその内容を見てみよう。ポイントは、この商品券は、自由に何でも買える券ではないこと。買える商品は、バリューセットやハッピーセット、ドリンクなど7種類の商品に限定されている。また、今年の11月14日までという有効期限が設けられている。期限内に使い切らないと券は紙くずになってしまうから、それも考慮しなければならない。

 では次ページで、対象となる7種類の商品と、それぞれの商品券枚数を紹介しよう。