『東京ラブストーリー』『101回目のプロポーズ』『ひとつ屋根の下』『救命病棟24時』などヒットドラマに数多く出演してきた俳優、江口洋介。映画でもこれまで20作品以上に出演。2009年の今年は、製作費15億円をかけた『GOEMON』の主人公・石川五右衛門を大胆に演じている。5月1日の映画公開を前に、撮影中に感じた本音を思うがままに語ってもらった。

江口 洋介(えぐち ようすけ)
 1968年1月1日生まれ、俳優。
 1987年に、映画『湘南爆走族』とテレビドラマ『翼をください』(NHK)に主演デビューし話題となる。
 その後は『東京ラブストーリー』や『101回目のプロポーズ』『ひとつ屋根の下』(すべてフジテレビ系)などのドラマで人気を博し、人気俳優としての地位を確立。
 映画でも『アナザヘヴン』『戦国自衛隊1549』『ギミー・ヘブン』『となり町戦争』『闇の子供たち』など数多くの映画で主演を演じる。
 2009年は、映画『GOEMON』のほか、ドラマ『トライアングル』(フジテレビ系)『警官の血』(テレビ朝日系)に出演し、5月1日放送『木枯らし紋次郎』(フジテレビ系)に出演。

映画『GOEMON』

 製作費15億円をかけた絢爛豪華な戦国絵巻。時代は、豊臣秀吉(奥田瑛二)が政権を握る戦国時代。盗賊の石川五右衛門(江口洋介)がある館から盗み出した財宝の中に、歴史を揺るがす重大な秘密の入った箱が混ざっていた。その箱を巡り、徳川家康(伊武雅刀)や石田三成(要潤)らが五右衛門の行方を追う。それぞれの登場人物が欲望を抱え、やがて壮絶な戦いへと向かっていく。果たして箱には何が隠されているのか?

監督・脚本:紀里谷和明
出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子ほか配給:松竹 /ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://www.goemonmovie.com/
5月1日(金)より全国ロードショー
(C) 2009「GOEMON」パートナーズ(画像クリックで拡大)