キヤノン

EOS Kiss X3

発売日:2009年4月24日

実売価格:8万9800円(ボディー)

実売価格:9万9800円(レンズキット)

実売価格:12万9800円(ダブルズームキット)

このモデルの注目ポイント ライバル機種はズバリこれ!
・EOS 50Dと同等の有効1510万画素CMOSセンサー
・フルHD(1920×1080ドット)対応の動画撮影機能
・3型/92万ドットの大型&高精細液晶モニター
・分かりやすい解説付きで自分の意志を撮影に反映できるクリエイティブ全自動モード

 キヤノンのエントリー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss DIGITAL」の新機種「EOS Kiss X3」(以下、Kiss X3)が登場した。機種名からも分かる通り、動物を起用した印象的なCMで人気のあった「EOS Kiss X2」の後継機種だ。

EOS 5D MarkIIに匹敵するHD動画撮影機能を搭載

 デザインに大きな変化はない。モードダイヤルの造形やEOSロゴの仕上げが変わった程度にとどまり、旧機種との違いを判別するのは難しい。しかし、中身はずいぶん進化した。もっとも大きな変化は、動画が撮影できるようになったこと。EOS DIGITALシリーズで初めて動画撮影機能を搭載した「EOS 5D MarkII」(以下、5D MarkII)と同じく、フルHD動画(1920×1080ドット)の撮影に対応する。

EOS Kiss DIGITALシリーズの新機種として登場した「EOS Kiss X3」。1510万画素CMOSセンサーやフルHD動画撮影機能など、ミッドレンジモデル「EOS 50D」やフルサイズモデル「EOS 5D MarkII」などの上位機種で評価を受けた機能や装備をどん欲に盛り込んだ(画像クリックで拡大)

 5D MarkIIとの違いは、フレームレート(1秒間に何回画面を書き換えられるか)だ。5D MarkIIは30fpsであったのに対して、Kiss X3は20fpsと低い(1280×720画素の場合は30fpsで記録できる)。音声記録にも違いが見られる。5D MarkIIは、外部入力端子を使えば音声をステレオで記録できるのに対し、Kiss X3は内蔵マイクによるモノラル記録のみとなっている。

 フレームレートが低い点はちょっと気になるが、実際に撮影しても動きにぎこちなさを感じることはあまりなかった。ある程度動きのある被写体を撮影しても、自然な雰囲気の動画になった。この点で不満は感じないだろう。ライバルとなるニコン「D5000」の動画機能は、最高で1280×720ドット/24fpsとなっている。