オリンパスイメージング

E-620

発売日:2009年3月20日

実売価格:8万9800円(ボディー単体)

実売価格:9万9800円(レンズキット)

実売価格:11万8000円(ダブルズームキット)

このモデルの注目ポイント ライバル機種はズバリこれ!
・自由なアングルで撮影できるバリアングル式液晶
・写真の仕上がりを変えられるアートフィルター
・画角を変更できるマルチアスペクト機能
・E-520と比べてボディーを薄型化
・主要なボタンにバックライトを装備、暗い場所でも操作できる

 オリンパスイメージングのデジタル一眼レフカメラ「Eシリーズ」は、最上位のプロ向けモデル「E-3」、ハイアマチュア向けのミッドレンジモデル「E-30」、手ぶれ補正内蔵の「E-520」、軽量コンパクトな「E-420」の4ラインアップで構成されていた。この3月に登場した「E-620」は、E-30とE-520の中間に位置する新モデルだ。

ライブビューを便利にする可動式のバリアングル式液晶モニターを搭載

 本機は、E-520とほぼ同じコンパクトなボディーサイズを維持しながら、「フリーアングルライブビュー」と呼ばれる2軸可動式のバリアングル式液晶モニターを搭載したのが大きな特徴だ。

 オリンパスイメージングは、デジタル一眼レフでもコンパクトデジカメのように液晶モニターを見ながら撮影できる「ライブビュー」の便利さを早くから提案してきた。2006年2月には、世界初のライブビュー対応デジタル一眼「E-330」を他社に先駆けて発売。E-330は、フリーアングルライブビューの液晶モニターをいち早く搭載し、高い評価を受けた。

Eシリーズの新たなエントリーモデルとして登場した「E-620」。液晶モニターを可動式のバリアングル式に改良しつつ、グリップ部分の出っ張りを減らすなどして本体のスリム化を図った(画像クリックで拡大)

 デジタル一眼レフカメラでライブビューを使うメリットは、人の頭越しに撮影するハイアングルや、小さな草花をアップで撮影するローアングルでの撮影時だ。いくら視野角が広い液晶モニターを使っていたとしても、可動式ではないタイプでは画面を確認しにくくなってしまうため、アングルに制約が出てしまう。実用的なライブビューには、可動式液晶モニターは欠かせない存在だ。