ニコンが発表した新型デジタル一眼レフカメラ「D5000」。同社のデジタル一眼レフカメラとしては初めてバリアングル式液晶モニターを搭載したのが特徴だ(画像クリックで拡大)

 ニコンは2009年4月14日、デジタル一眼レフカメラの新機種「D5000」を5月1日に発売すると発表した。「D60」の後継となるエントリーモデルで、中級機「D90」と同等の撮像素子やHD動画撮影機能を盛り込んだのが特徴だ。

 D90にはないバリアングル(可動)式液晶モニターを搭載。液晶モニターを動かせば、高いアングルや低いアングルでも表示内容がしっかり確認でき、ライブビュー撮影時や動画撮影時の撮影の自由度が高まる。

 デジタル一眼レフのエントリーモデルでは、4月下旬にキヤノンの「EOS Kiss X3」が発売になる。中級機並みの画質と、バリアングル式液晶モニターによる操作性で、各社のライバル機に対抗する。

 ボディー単体の実売価格は8万5000円前後、レンズキットが10万円前後、ダブルズームキットが13万円前後。ボディーカラーはブラックのみ。

 D5000のおもな特徴は以下の通り。

・ライブビュー撮影や動画撮影を便利にする2.7型バリアングル式液晶モニター
・有効1230万画素のAPS-C型CMOSセンサー(D90と同等)
・HD画質の動画撮影機能を搭載(D90と同等)
・最高ISO6400の高感度撮影機能(D90と同等)
・1点のクロスタイプを含む11点AFセンサー(D90と同等)
・5段階から選べるアクティブD-ライティング機能(D90と同等)

▼「D90」「D5000」「D60」のスペックを比較!

機種名 D90 D5000 D60
撮像素子 1290万画素CMOS
(有効1230万画素)
1075万画素CCD
(有効1020万画素)
最大記録解像度 4288×2848ドット 3872×2592ドット
記録メディア SD/SDHCメモリーカード
ファインダー ペンタプリズム ペンタミラー
視野率/倍率 約96%/約0.94倍 約95%/約0.78倍 約95%/約0.80倍
連続撮影速度 最高約4.5コマ/秒 最高約4コマ/秒 最高約3コマ/秒
ISO感度 ISO200~3200
(拡張時ISO100~6400)
ISO100~1600
(拡張時ISO100~3200)
アクティブ
D-ライティング
オート、より強め、強め、
標準、弱め、しない
ON(オート)、OFF
フォーカスポイント 11点(うちクロスタイプ1点) 3点
ライブビュー撮影 あり なし
ライブビュー時のAF コントラストAF
(顔認識AF、
ワイドエリアAF、
ノーマルエリアAF)
コントラストAF
(顔認識AF、
ワイドエリアAF、
ノーマルエリアAF、
ターゲット追尾AF)
動画撮影機能 あり なし
動画の記録解像度 1280×720ドット/24fps、
640×424ドット/24fps、
320×216ドット/24fps
動画の圧縮形式 Motion-JPEG
液晶モニター 3型(92万ドット) 2.7型バリアングル式
(23万ドット)
2.5型(23万ドット)
HDMI端子 あり(Type C) なし
本体サイズ 132(W)×103(H)×
77(D)mm
127(W)×104(H)×
80(D)mm
126(W)×94(H)×
64(D)mm
重さ 約620g(本体のみ) 約560g(本体のみ) 約495g(本体のみ)
発売日 2008年9月19日 2009年5月1日 2008年2月22日
ボディー単体の
実売価格
10万4800円 8万5000円 4万6800円