ソニー

70-400mm F4-5.6 G SSM

希望小売価格:26万2500円
実売価格:23万8000円

発売日:2009年1月31日

 ソニー「α」シリーズ用の交換レンズは、老舗ブランドとして有名な「カール ツァイスレンズ」とソニー独自ブランドの「Gレンズ」が、画質を追求した高性能タイプの2本柱となっている。

 Gレンズは、非球面レンズやED(特殊低分散)ガラスなどを盛り込んで、αシリーズの能力を最大限に発揮させる設計がなされている。一眼レフカメラ用の交換レンズだけではなく、コンパクトデジカメ「Cyber-shot」やビデオカメラ「ハンディカム」の上位モデルでも採用されている。

 プロやハイアマチュアに人気の望遠ズーム「70-200mm F2.8 G」、単焦点の「35mm F1.4 G」など、Gレンズは計5本をラインアップする。今回は、2009年1月に発売された新しい望遠ズームレンズ「70-400mm F4-5.6 G SSM」を紹介しよう。

ソニーのフルサイズデジタル一眼レフ「α900」(右)を使い、光学性能にこだわったGレンズの実力をチェックしてみた(画像クリックで拡大)