アウディ「A4」シリーズに追加されたフラッグシップモデル「アウディS4」。メルセデス・ベンツCクラスやBMW 3シリーズの上位グレードがライバルだ(画像クリックで拡大)

 アウディ ジャパンは2009年3月25日、同社のミドルクラスモデル「A4」シリーズのフラッグシップモデル「アウディS4/S4アバント」を発表、09年5月11日に発売する。またA4シリーズに中位グレードの「アウディA4/A4アバント 2.0TFSI クワトロ」を追加、こちらは09年3月25日に発売した。車両本体価格はS4/S4アバントが785万円/803万円、A4/A4アバント 2.0TFSI クワトロが495万円/513万円。

ステーションワゴンの「S4アバント」(画像クリックで拡大)

 アウディS4/S4アバントは、専用チューンを施したスーパーチャージャー付き3L V6ガソリン直噴エンジン「3.0TFSI」を搭載、最高出力245kW(333PS)/5500-7000rpm、最大トルク440Nm(44.9kgm)/2900-5300rpmを発揮する高性能モデル。0-100km/h加速はS4(セダン)が5.3秒、S4アバントが5.4秒で、最高速度は両モデルともリミッターが作動する250km/hに達する。

 アウディの最新技術トレンドにのっとり、小排気量エンジンに過給器を組み合わせて効率を高め、高性能と低燃費を両立しているのも大きな特徴だ。先代S4のV8 4.2Lエンジンと新型の3.0TFSIエンジンを比較すると、10-15モード燃費は7.3km/Lから8.6km/Lへと18%向上、CO2排出量は318g/kmから270g/kmへと15%低減した。

 最大出力は344PSから333PSに低減しているが、最大トルクは逆に410Nmから440Nmへと7.3%向上。低回転域から大きなトルクを発生するため、0-100km/h加速は5.8秒から5.3秒へと0.5秒早くなっている。

セダンのS4。ボディーサイズは全長4715×全幅1825×全高1420mm、車両重量1780kg(画像クリックで拡大)

アバントはセダンと全長、全幅が同じで全高は25mm高い1445mm。車両重量1830kg(画像クリックで拡大)

3L V6ガソリン直噴の「3.0TFSI」エンジン。Vバンク中央にスーパーチャージャーと水冷式インタークーラーを搭載(画像クリックで拡大)

新S4とV8 4.2Lの先代S4との比較。小排気量エンジンとスーパーチャージャーの組みあわせで効率を高め、動力性能と燃費を向上した(画像クリックで拡大)