リサイクルケータイとはどんな品? メリットは何?

 一昔前のように新しいケータイへと、コロコロと乗り換えることが難しくなっている。理由はケータイ本体価格の高騰だ。販売奨励金が見直され、いわば正規価格に戻ったケータイは、最新モデルへの乗り換え価格が4万~7万円程度もする。割賦販売による本体購入もできるが、端末価格ばかりに目がとまる。乗り換えを尻込みしてしまう人も少なくないだろう。

 こうしたケータイ価格高騰やエコ意識の高まりを背景に、にわかに注目され始めているのが「リサイクルケータイ」。つまりケータイの中古販売だ。読者の多くは、ケータイは新品が当たり前。中古品を購入する選択肢など、考えたこともない人ばかりだろう。使い終わったケータイは部屋の片隅でほこりをかぶっているか、廃棄処分にするだけ。希望者がいれば友人などにあげることもあるが、販売店で売ったり買ったりする意識はまだ低いのが一般的だ。

 中古品と聞くと真っ先に品質が気になる人もいることだろう。もちろんボロボロのケータイが売られているわけではない。販売店の買い取り基準に達している完動品だけだ。通話テストやボタンなどの動作テストをクリアしたものだけが買い取られ、クリーニング後に個人データを消去する。こうしてリサイクルケータイとして生まれ変わり、再び販売されているのだ。

 新品とリサイクルケータイ。大きく違うのは、前オーナーがいたということ以外にもある。新品ならモデルチェンジするまで、いつでも購入できる。ただリサイクルケータイはすべてが1点物。同じモデルのケータイでも、本体の状態は1台1台異なる。「いいなぁ…」と思ったリサイクルケータイを見つけても、誰かに買われてしまえばそれで販売終了。もう2度と、お目当てのリサイクルケータイにはお目にかかれないのだ。

 このように新品のケータイとは、ちょっと異なるリサイクルケータイの販売形態。実際、どのような品がリサイクルケータイとして販売されているのか。本体の状態から価格、購入時の確認事項など、気になるポイントを紹介していこう。

ケータイショップの一角で販売され始めたリサイクルケータイ(取材協力:「イームーブ」町田店)。ケータイショップや、リサイクルショップなどの一部で取扱店が増えている(画像クリックで拡大)