高速料金の大幅割引を前に、カー用品店ではETC製品の特設コーナーを大々的に展開している(取材協力:スーパーオートバックス八王子)(画像クリックで拡大)

 地方部の高速料金が休日は上限1000円という大幅割引が、いよいよ2009年3月20日から順次開始される(関連記事)。20日から割引対象になるのは、本州四国連絡高速道路と東京湾アクアラインの2路線。翌週の28日からは全国の都市・地方部区間に拡充される予定だ。首都高速は割引適用日が日・祝日だけのため、29日から開始になる。ただし一部区間においては、料金徴収システムの変更作業が間に合わないため、4月下旬ごろまで上限2000円になる場合もある(関連記事)

 今回の割引制度で注意したいのが、対象は普通乗用車と軽自動車(自動二輪車含む)で、しかも支払いにETCを使用した場合に限られること。このため、今週末くらいからETC車載器の駆け込み需要が増えるだろうから、自分のクルマに装着を考えているなら早めに手続きをしたほうがいい。

 そんな新規ETC導入予定者に、追い風となる仕組みが始まった。財団法人高速道路交流推進財団が、3月12日から3月31日までの期間限定で受け付ける「ETC車載器新規導入助成金」(以下、ETC助成金)だ。このETC助成金は、これからETCを取り付ける人に導入費用の一部を肩代わりする制度だ。ETC購入金額からクルマが5250円、バイクでは1万5750円を割り引く。

ETCの導入費用は、ETC本体、ETC本体のセットアップ料金、車両への取り付け工賃の3つ。この合計金額から、ETC助成金(自動車:5250円/オートバイ:1万5750円)を差し引いた金額が支払額になる(画像クリックで拡大)

 クルマ向けのETC車載器の取り付け費用は、通常なら本体と工賃込みで2万円程度。このETC助成金を利用すれば、支払総額は1万5000円台に抑えられる。バイクの場合は本体(アンテナ一体型「JRM-12」の場合)と工賃込みで約2万8000円が、1万5750円引きの1万2000円程度になる。まだ高いと思うかもしれないが、割引率を考えると自動車で2~3割、バイクでは4~5割を超える。近いうちにETCを付けようと思っているなら、この機会を逃す手はない。

 では、どうしたらETC助成金を受けられるのか。知らないと損をするETC助成金の仕組みを解説していこう。

ETCのセットアップには「車検証」が必要だ。手続きを行う際は必ず持っていこう。取り付け工賃は、車種や取り付け方法などによって異なる。オートバックスの場合、国産車は最安値で5250円、輸入車は8400円から(画像クリックで拡大)

■変更履歴
 初出ではバイクのETC助成金額を「1万5250円」としていましたが、正しくは「1万5750円」です。お詫びして訂正いたします。本文および関連図版は修正済みです。[2009/3/12 14:10]