マイクロソフトの次世代Windows OS「Windows 7」は、現行のWindows Vistaをベースに開発された。「Vistaよりも動作が軽い」というのがベータ版を試した多くのユーザーの評価だ。実際にどれぐらい軽快なのだろうか。素朴な疑問を解決すべく、様々なスペックのVistaパソコンにWindows 7 ベータ版をインストールして、起動とシャットダウンにかかる時間を比較した。

※編集部注:Windows 7 ベータ版のインストールについてはメーカーの保証外の行為になります。インストールは自己責任でお願いします。何らかのトラブルが起きても編集部では一切責任を持ちません。

Atom搭載の「FMV-BIBLO LOOX U」で比較

 最初に富士通のミニノート「FMV-BIBLO LOOX U/B50」にWindows 7 ベータ版をインストールした。2008年の冬モデルで、筆者がWeb直販で購入した私物だ。OSにはWindows Vista Home Premium SP1を搭載する。動作はどうにも重く、常駐ソフトを極力減らしたり、Windows Vistaの設定を変えたりして使っている。スペックは以下の通り。Windows XP Home Edition SP3を搭載する現行モデルの「FMV-BIBLO LOOX U/C30」とも比較した。LOOX U/B50に比べてCPUのクロック周波数が低いので、処理性能はやや劣る。

右がWindows 7をインストールしたLOOX U/B50。左はWindows XPがプリインストールされている現行モデルのLOOX U/C30。CPUのクロック周波数以外のハードウエアはほぼ同じだ(画像クリックで拡大)

 Windows 7はDドライブにクリーンインストールして、Vistaとのデュアルブート構成にした。インストール作業は特にトラブルなく完了。だが、このままだとグラフィックス(GMA500)のドライバーがなく表示解像度が640×480ドットになってしまう。インストール後にWindows Updateを実行すると1280×800ドット表示が可能になった。

 デバイスマネージャを見ると、指紋センサーなど一部のデバイスが不明になっていたが、いずれもVista用のドライバーをインストールすることで認識した。Vista用のドライバーやユーティリティは、富士通のWebサイト(日本および海外)で公開されている。

 テストの結果は下の通り。Windows Vistaは数カ月使いこんで常駐ソフトがいくつか動いている状態、それに対してWindows 7 ベータ版はクリーンインストール直後なので厳密な比較はできない。しかし起動/終了(シャットダウン)ともにWindows 7 ベータ版の方がずっと高速だった。Windows XPを採用するLOOX U/C30は、クロック周波数の低いCPUを搭載しているにも関わらず、起動/終了ともにWindows 7のLOOX U/B50より速かった。

 実際の動作は、Windows XPを採用するLOOX U/C30に比べれば重く感じるが、Windows Vistaに比べるとずっと軽快だ。例えば、スタートメニューを開くとき、Vistaでは一呼吸待たされるが、Windows 7 ベータ版ではその半分で済む。スリープに入るのもVistaに比べて速い。バッテリーの持ちも問題ない。Atom Zシリーズの処理性能は、ネットブックに多いAtom Nシリーズとほぼ同じなので、ネットブックでもWindows 7は十分使えるはずだ。

起動してしばらく経過した後のタスクマネージャ。上左がWindows 7 ベータ版、上右がWindows Vista、左がWindows XP。メモリーの使用率を見ると、Windows 7 ベータ版の方が低いことが分かる(画像クリックで拡大)

FMV-BIBLO LOOX U比較

5回テストしてかかった時間の平均値を算出した