「薬と一緒にお酒を飲んではダメ」とよく言われるが、薬を飲んだからといって、夕食時のビールをやめられない人は多いだろう。つい何度か一緒に飲んでしまって、「特に問題なかったから大丈夫」とか、「お酒は百薬の長だから」などと、勝手に判断してはいないだろうか。

 薬の種類やお酒の量によっては影響が少ないものもあるが、中には大変危険なこともある。風邪気味なのに大事な接待があるからと、薬を飲んでから酒席に臨んだりするのは止めたほうがいい。ろれつが回らず視線が定まらないほど酩酊するのはもちろん困るが、もし電車のホームで意識を失ったら、命に関わるかもしれない。どんな薬が、お酒と飲むと特に危険なのか、基本的なことを知っておこう。