2009年2月20~21日、ゲームセンターなどのアミューズメント施設向けゲーム機器の展示会「AOU2009」が千葉県の幕張メッセで開催された。各ゲームメーカーは、ビデオゲームやメダルゲームなどの新製品を多数展示。家庭用ゲーム機向けの新作ゲームソフトが出そろう秋の「東京ゲームショウ」とは違った盛り上がりを見せた。

 ここ2~3年、ゲームセンターを取り巻く環境は厳しい。セガは2009年2月、同社が運営するアミューズメント施設を3割閉鎖すると発表。2008年にも100店舗近くを閉鎖したばかりで、この2年ほどで規模を大幅に縮小している。タイトーは、一部店舗で試験的にプレー料金を従来の100円から120円に値上げするという異例の対策を打ち出した。

 これは、任天堂「Wii」などの家庭用ゲーム機の躍進が原因の1つとされている。薄型テレビの大型化と低価格化で、多くの家庭に32型超の大型テレビが普及。ゲーム機の性能向上も相まって、「迫力のあるゲームが楽しめる」というゲームセンターのお株が奪われた格好になった。「Wii Fit」の登場で、体を動かして楽しむ体感ゲームもゲームセンターの独壇場ではなくなってしまった。

家庭用では実現不可能な大型ゲームでゲームセンターの魅力をアピール

 AOU2009で出展されていた各社の新製品を見ると、大きなきょう体が目を引く「大型体感ゲーム」と「巨大メダルマシーン」が目立った。

 前者は、音楽シミュレーションやガンシューティングなどが代表的な存在だ。今回のショーでは、昔懐かしいホッピングやブロック並べを題材にしたゲームが登場。カップルやファミリーが気軽に楽しめるよう工夫されていた。

前面には、色とりどりのブロックが用意されており、これを画面の前に積んでいくことでゲームを進めていく。ブロックを積むと、センサーがブロックの置かれた場所を認識。画面内のキャラクターがそのブロックの上を歩くのがユニークだ(画像クリックで拡大)

ライトユーザーをターゲットにしたタイトーの「NO考ゲーム」シリーズの新機種「ホッピングロード」(2009年3月稼働予定)。かつて流行したホッピングを模した装置に乗って体を動かし、その速さで順位が決まる仕組みだ(画像クリックで拡大)

こちらもタイトーのNO考ゲームの最新作「ミュージックガンガン!」(稼働時期未定)。体感ゲームで人気のガンシューティングと音楽シミュレーションを合わせた内容だ(画像クリックで拡大)

コナミデジタルエンタテインメントのブースでは、同社が得意とする音楽シミュレーションゲームの新作を多数展示。人気ゲームでは最大120分待ちになり、人気の高さを見せた(画像クリックで拡大)

ドラムの演奏が楽しめる「DrumManiaV6 BLAZING!!!!」(左、2009年4月稼働予定)と、クールなダンスが踊れる「DanceDanceRevolution X」(右、稼働中)。いずれも、家庭用では難しい「大型きょう体」「大音響プレイ」「派手なライティング」を売りにしている(画像クリックで拡大)