新しい撮像素子「スーパーCCDハニカムEXR」を初搭載した、富士フイルムの新型コンパクトデジカメ「FinePix F200EXR」。得意の高感度をさらに進化させつつ、解像度やダイナミックレンジを高める工夫が凝らされている(画像クリックで拡大)

 富士フイルムは2009年2月4日、新型コンパクトデジタルカメラ「FinePix F200EXR」(以下「F200EXR」、予想実売価格は4万3000円前後)を発表した。本機は、人間の眼のメカニズムに着目した新しい撮像素子「スーパーCCDハニカムEXR」を初めて搭載して注目を集めている。発表会でいち早くF200EXRの実機に触れたので、速攻レビューをお届けしよう。

期待の新型撮像素子「スーパーCCDハニカムEXR」を搭載!

 F200EXRは、2008年3月発売の「FinePix F100fd」の後継機だ。緩いカーブを描く独特のデザインを踏襲しているものの、撮像素子や画像処理回路などの内部機構は一新され、F100fdとはまったく異なるモデルに仕上がっている。

緩やかなカーブを描く独特のデザインは、FinePix F100fdのテイストを継承。背面の操作部は、普及価格帯モデル「FinePix F60fd」と同様のモードダイヤル付きに一新した(画像クリックで拡大)

カラーバリエーションは、シルバー(左)とブラック(右)の2色を用意する。レンズは35mm判換算で28mmからの光学5倍ズームで、望遠端(左)にズームさせるとレンズが大きく伸びる(画像クリックで拡大)