ホンダのハイブリッド専用車、新型「インサイト」(画像クリックで拡大)

 本田技研工業は2009年2月5日、ハイブリッド専用車の新型「インサイト」を発表、2月6日に発売する。車両本体価格は189万~221万円で、同じハイブリッド車のトヨタ「プリウス」の233万1000~334万9000円と比べると、最廉価グレードは40万円以上安い。燃費は良いが値段は高いという、これまでのハイブリッド車の常識に挑む、意欲的な価格設定だ。

 低価格に抑えられた理由の一つは、既存モデルと部品の共通化を進めたため。パーツの約36%を、同社の「フィット」や「シビック」などと共用している。そしてプリウスより40万円以上も安くできたのは、ホンダのハイブリッドシステムがトヨタのものよりシンプルかつ軽量コンパクトで、低コストなことも大きく効いている。

ボディー形状は5ドアハッチバックの1タイプ(画像クリックで拡大)

 新型インサイトの販売目標は月5000台で、発表前日の2月4日までに早くも5000台以上の事前予約を受けたという。日本だけでなく海外でも販売し、欧州では09年3月末発売で年間3万台以上、北米では4月上旬発売で年間10万台が販売目標。日本市場での年間6万台以上と合わせて、グローバルで年間20万台販売を目標とする。「シビック」「アコード」「フィット」「CR-V」に続く、世界戦略車第5の柱として育てていく。

テールゲートには後方視界を確保するエクストラウインドウを採用(画像クリックで拡大)

プロジェクタータイプの4灯ヘッドライト。上位2グレードはディスチャージ方式(画像クリックで拡大)

リアコンビネーションランプはLED方式。テールゲート右に「HYBRID」のエンブレムを装着(画像クリックで拡大)

「平成22年度燃費基準+25%」と「平成17年排出ガス基準75%低減」を達成(画像クリックで拡大)