早ければ2009年3月から、高速道路にETC利用者向けの新割引料金が導入される。計画によれば最安の場合は東京~福岡間が3750円、青森~鹿児島が2500円と大幅な値下げになる(画像クリックで拡大)

 高速道路が1000円で乗り放題になる――。そんな嘘のような割引制度が、早ければ2009年3月中にも導入されることになった。

 新たに導入される高速料金の割引とは、09年1月27日に成立した平成20年(08年)度の第2次補正予算案と、その関連法案に盛り込まれている経済対策の一つ。この1カ月、国会では定額給付金問題や消費税増税問題で紛糾していたが、補正予算の成立によって、関連法案に含まれていた「高速料金の値下げ」への関心が高まっている。

 一体、どのような値下げが行われるのか。その内容を示唆する計画案が、08年1月16日に独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構と、高速道路6社から発表された。「高速道路有効活用・機能強化に関する計画(案)」と銘打ったこの計画案は、道路特定財源の一般化に基いて、08年から策定が進んでいたもの。補正予算案の関連法案が成立すれば、この計画案にある高速料金の値下げが09年3月中にも実施されるわけだ。

 この計画案の内容について、まず概略を解説しよう。計画案には、2つの取り組みが明記されている。平成22年(2010年)度までの2年間に導入する「生活対策」と、「高速道路の有効活用・機能強化」の目的で約10年間継続する計画案だ。簡単にいうと前者は、高速料金を上限1000円にするという割引制度。後者は、生活対策として導入する割引が終了する平成23年(2011年)度以降に、現在の高速料金割引制度を追加・維持するためのものだ。