ソニーは2009年1月21日、リニアPCM録音が可能なステレオICレコーダー「ICD-SX900/800」の2機種を発表した。会議や講演などの音声をMP3形式や同社独自のLPEC形式で録音できるだけでなく、同社のICレコーダーシリーズとしては初めて非圧縮のリニアPCM録音にも対応。楽器演奏の録音など趣味用途にも利用できるようになった。発売は2月21日を予定しており、価格はオープン。予想実売価格は4GBメモリーを内蔵する「ICD-SX900」が2万5000円前後、2GBメモリーを内蔵する「ICD-SX800」が2万円前後。

ソニーが2009年2月21日に発売するICレコーダー「ICD-SX900」(左)と「ICD-SX800」(右)(画像クリックで拡大)

高音質録音が可能なリニアPCM形式、容量と音質のバランスが良く汎用性の高いMP3形式、同社独自形式ながら長時間録音が可能なLPEC形式の3形式で録音できる(画像クリックで拡大)

 今回発表された「ICD-SX900/800」は、同社のICレコーダー「SXシリーズ」としては初めてリニアPCM形式(44.1kHz/16bit、22.05kHz/16bit)に対応。非圧縮記録のためより臨場感のある高音質記録が可能になった。MP3形式(44.1kHz/48kbps~44.1kHz/192kbpsに対応)や、長時間録音が可能な同社独自のLPEC形式(8kHz/6kbps~44.1kHz/128kbps)での録音も可能だ。

 ICD-SX900とICD-SX800の違いはメモリー容量だけで、4GB内蔵のICD-SX900ならリニアPCM形式の「ステレオ高音質モード」で約6時間25分(2GB内蔵のICD-SX800は約3時間10分)、最長記録が可能なLPEC形式の「モノラル長時間モード」なら約1505時間550分(同約750時間15分)もの長時間録音ができる。