中古パソコンがよく売れているという。まあ、この不景気だから当たり前だ。だが、よく売れている理由はそれだけでもないだろう。ネットブックの登場によって、6万円程度の予算でパソコンを買おうと考えている人が増えている点も見逃せない。「ネットブックより中古のノートパソコンのほうが得だ」という考え方もあるはずだ。ちなみに僕も、そう考えて未使用のアウトレット品を7万円台で購入した。Core 2 Duoのモバイルノートなのでなかなか満足している。いま、中古パソコンが熱いのだ。

 上下編と2回に分けて、中古パソコンのお得な買い方をご紹介しよう。誰も書かなかったお得な選び方のコツが満載だ。これを読んでから中古パソコンを買えば、何倍も得をすること間違いナシ! 参考になれば幸いだ。

7万円で購入したレノボのモバイルノート。Core 2 Duoを搭載しておりなかなか満足している(画像クリックで拡大)

中古パソコンは不人気モデルがお得

 新品のパソコンは基本的に、ほぼ横並びの価格で値付けされる。同じランクの機種なら、機種やメーカーによる価格差はあまりない。もちろん、商戦末期になると不人気モデルが売れ残って安くなる。

 中古パソコンは、さらにその傾向が顕著だ。新品の時の価格などもはや関係ない。同じスペックでも人気のないモデルは安いのだ。仕事で使うなどコスト重視で選ぶなら、人気の高いVAIOやLet's noteの中古は絶対買わない方が良い。不人気なモデルほど得なのだ。

 例えば「新品では高くて買えなかったVAIO type Tが欲しい」という買い方も、もちろんあり。そのものズバリで欲しい製品があるなら、他の機種と比べるのは無意味だ。