キヤノン

EOS 5D MarkII

発売日:2008年11月26日

実売価格:29万8000円(ボディー)

実売価格:39万8000円(EF24-105L IS U レンズキット)

 前編に引き続き、吉村カメラマンによるキヤノンのフルサイズデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D MarkII」の詳細レビューをお送りする。今回は、撮影時の感触や画質面を中心に、フルHDの動画を含めた多くの作例を交えて紹介しよう(前編の記事はこちらから参照できます)。

フルHD対応の動画撮影機能は、オマケ程度のものではない!

 本格的なハイビジョン撮影機能にも注目したい。なんと、1920×1080ドット/30fpsのフルハイビジョン映像の撮影が楽しめるのだ。

 デジタルビデオカメラは、コンシューマー向け製品でもハイビジョン化が浸透し、コンパクトデジタルカメラも動画撮影機能がほぼ標準装備となった。本機の動画機能も、「デジタル一眼にもオマケ的な動画撮影機能が搭載された」と思われがちだ。だが、それは間違い。それは、従来のビデオカメラで撮影できる映像を大きく凌駕できるからだ。

 理由の1つは、豊富なレンズによる高い表現力だ。放送用のハイビジョンカメラであっても、通常の撮影で使うのは2~3本程度のズームレンズと、「プロクサー」と呼ばれるコンバージョンレンズぐらい。それに対し、一眼レフカメラ用レンズは新旧含め種類が豊富だし、魚眼レンズなどの特殊なタイプも比較的手ごろな値段で手に入れられる。

 センサーサイズが大きく、美しいぼけを表現できるのも理由の1つ。800万円を超えるような放送用ビデオカメラでも、センサーサイズはコンパクトデジタルカメラに近い2/3型だ。映画の撮影に使うスーパー35mmフォーマットも、5D MarkIIのセンサーサイズより小さい。被写界深度の浅い背景のぼけは、これまで写真でしか表現できなかった。5D MarkIIならば、存分に活かした動画撮影が楽しめる。

EOS 5D MarkIIで撮影した動画。途中で静止画を撮影したが、その部分だけ1秒間ほど動画がフリーズしているのが分かる。その時に撮影した静止画は、絞りなどの設定がカメラ任せとなるため、明るいこの条件では最小絞りのF32となった(EF70-200mm F2.8L IS USM使用)

 動画の撮影スタンバイは、ライブビューモードに切り替えるだけでよく、シャッターボタンではなくSETボタンが動画撮影/停止ボタンとなる。画面の上下には半透明の黒っぽい帯が表示され、そのエリアは動画撮影時に無効となるのが分かる。

 動画撮影中にもAFが使える点には、ちょっぴり驚かされた。背面の「AF-ON」ボタンを押せば、かなりゆっくりではあるものの、自動でピント合わせをしてくれる。ただし、ビデオカメラのAFのように高精度なAFではない。ちょっとしたピンぼけでAF-ONボタンを押すと、逆に大きなピンぼけになり、それからゆっくりとフォーカスが戻ってくる「揺り戻し現象」が起こることが多かった。

 動画用の常にピントを合わせ続ける制御と、静止画用の素早く高精度に合わせる制御に違いがあるのだろう。今後は、レンズと本体の両方が動画向けに最適化されることに期待したい。

 動画撮影は、1ファイルあたり最大4GBまでの制限がある。フルハイビジョン撮影ならば、1カットあたり約12分ほどまでの撮影が楽しめる計算だ。

動物園で、ゆっくりと歩くバクを撮影。並の家庭用ハイビジョンカメラよりもずっと精細な再現で、バクの白い体毛などがとてもリアルだ(EF70-200mm F2.8L IS USM使用)

 撮影した映像は、HDMI端子経由でハイビジョンテレビに接続して再生できる。この画質がすこぶる美しいのに驚かされた。ハイビジョンは200万画素相当だが、その10倍ほどの画素数を持つセンサーと、高解像度のレンズから得た情報が圧縮されているので、描写は緻密(ちみつ)なうえ発色も鮮やかだ。

 ただ、コマ数は30fpsなので、動きの速い被写体はちょっとパラパラとした不自然な動きになるのが気になった。本体前面の「5D」ロゴの下にマイクが内蔵されており、音声はモノラルで記録できる。外部マイクを接続する端子も用意されている。

 せっかく高度な一眼レフでありながら、絞りやISO感度はオート任せなのは残念。ホワイトバランスと露出は補正できるので、家庭用ビデオカメラに近いマニュアル設定は可能。ただ、写真ファンとしては映像でももっと画像をコントロールしたかった。

 動画撮影中に写真が撮影できるのも嬉しいポイントだ。シャッターボタンを押せば、すぐ写真が撮れるが、この間動画は1秒ほどフリーズした画像が記録される。撮影できる写真は、2110万画素をフルに生かしたもので、ビデオカメラのおまけ的な静止画ではないのが心強い。