ソニー

α900

実売価格:32万8000円(ボディー)

発売日:2008年10月23日


このモデルの注目ポイント ライバル機種はズバリこれ!
・有効2460万画素のフルサイズCMOSセンサー
・視野率約100%のファインダー
・上面に撮影情報表示用の液晶パネルを装備
・撮影設定を変えて仕上がりをシミュレーションできるインテリジェントプレビュー機能

 ついに販売が始まった、ソニー初の35mm版フルサイズセンサー搭載デジタル一眼レフ「α900」。2460万画素という高画素CMOSセンサーを備えた、ハイアマチュア向けのフラッグシップモデルだ。

ソニーの自信作というファインダーの仕上がりに納得!

 α900を手にした第一印象は、グリップ部分の厚みである。成人男性の手でもちょっと余るくらいに感じられた。もう少し小さい方が、日本人の手の大きさに合うと思う。もっとも、グリップの張り出しと、第一関節が当たる指掛かりがかなり深いデザインなので、カメラをうっかり落とすような心配はないだろう。

αシリーズのフラッグシップとなる「α900」。基本的なデザインやボタン配置は「α700」などのαシリーズと同じだが、シャッターボタン横に撮影情報を表示する小型液晶を搭載したのが特徴だ (画像クリックで拡大)

 αシリーズの光学ファインダーは、旧ミノルタ時代から評判が高かった。α900では、とりわけ評価が高かったコニカミノルタ「α9」のファインダー性能を、すべての面でしのぐという自信のファインダーを搭載してきた。

 ペンタ部分の大きさと形がひときわ目立つα900だが、ファインダーをのぞいてみれば誰もがすぐにその仕上がりを納得できる。大きくて明るく、色づきが少ないファインダーは、のぞいた瞬間から気持ちよさが感じられる。視線を画面の四隅に移してもにじみやゆがみがほとんど感じられない。24-70mmズームレンズの広角端で試した場合でも、ピントの山がなかなかつかみやすい。

三角形のペンタ部が印象的なボディーは、存在感たっぷり。シリーズの下位機種と比べると、かなり幅が広い。背面の液晶モニターは3型/92万画素の高精細タイプだが、残念ながらライブビュー機能は搭載しない(画像クリックで拡大)

ニコンの中堅モデル「D200」(右)と並べてみた。本体サイズはα900の方がひと回り大きいが、重さはわずか20gほどしか変わらない。液晶モニターは反射防止処理が施されており、明るい屋外での視認性を高めている(画像クリックで拡大)