2008年11月5日、NTTドコモが2008年冬商戦に向け、新シリーズ・新商品発表会を行った。今回、新たに発表された機種は22機種で、2008年11月19日から2009年3月にかけて順次販売する予定だ。

新4シリーズ「STYLE」「PRIME」「SMART」「PRO」を打ち出したNTTドコモ(画像クリックで拡大)

軸を“機能”から“ライフスタイル”へ大きく転換

 最初に同社の山田隆持社長が登場し、プレゼンテーションを行った。

 山田社長はまず、「これまでは90xシリーズ、70xシリーズと、搭載されている機能に応じて2つのシリーズで展開してきたが、今回、抜本的な見直しを行った。お客様のニーズを徹底的にリサーチした結果、それぞれのお客様が自分の“ライフスタイル”にマッチした機種を選びたいというニーズが強いことが分かり、そのニーズに応えるべく、4つのシリーズに一新した」と述べた。4シリーズとは「STYLE」「PRIME」「SMART」「PRO」で、さらに従来のらくらくホンを加え、今後全5シリーズで展開していくという。

“機能”を軸にしたシリーズから“ライフスタイル”を軸にしたシリーズへ(画像クリックで拡大)

 シリーズの一新は、2008年4月18日にドコモが変革するためのビジョンとして発表した「新ドコモ宣言」に基づき、ドコモのすべての活動において「お客様基点」での見直しを図る中での成果の1つであるという。「5400万人の顧客満足度向上を目指す中で、端末をどのように開発し、提供するかが非常に重要であるととらえた結果、機能ありきではなく、お客様ありきのシリーズにした」(山田社長)とのこと。

“機能”を軸にしたシリーズから“ライフスタイル”を軸にしたシリーズへ(画像クリックで拡大)