アップルが10月15日に発売した新型「MacBook」「MacBook Pro」。“ノートブックのデザインを再定義”した新MacBookファミリーについて、米アップルのフィリップ・シラー上席副社長に聞いた。シラー氏は、同社のCEO、スティーブ・ジョブズ氏に次ぐ役員で、アップルのキーマンの1人だ。

1枚のアルミニウム板から削り出した「ユニボディー」(画像クリックで拡大)

――新型MacBook、MacBook Proの最大の特徴は、1枚のアルミニウム板から削り出した「ユニボディー」。アップルとしては珍しく製造工程のビデオまで公開しています。ユニボディーのメリットは何ですか?

 堅ろうで、薄くて軽いなどメリットは多い。見てもらえれば分かるがネジの数が少なく、外観も非常に美しい仕上がりだ。まったく新しいアプローチに苦労はつきものだが、協業メーカーと共にいいものができ上がった。キーキャップなどディテールまでこだわっている。

――シラー氏が新MacBookで個人的に一番好きな所はどこですか?

 1つだけ挙げるとすればガラスのディスプレイだ。開いたときに美しい画面がパッと目に入る。LEDバックライトを使っているため、色も鮮やかだ。5つ挙げろと言われれば、もっと挙げられる。

米アップルのフィリップ・シラー上席副社長。スティーブ・ジョブズCEOに次ぐ、アップルのナンバー2だ(画像クリックで拡大)