ウィルコムが2008年10月28日に、報道関係者向けに新製品・新サービスに関する説明会を開催した。新製品は音声端末として京セラ製「HONEY BEE 2」、東芝製「WILLCOM LU」、日本無線製「WX330J」の3機種、すでに発売されているシャープ製スマートフォン「WILLCOM 03」の新色「ブラックトーン」の追加、セイコーインスツル製データ通信カード端末「AX530S」の合計5機種。さらに、Eメールの新ドメイン「@willcom.com」の追加や多人数通話サービス「ウィルコムミーティング」、「手描きチャット(tegakichat)」、「ビジネス安心」といった新しいサービスについても発表した。

発表された新製品5機種と新サービス3つ。これに加えて新しいメールドメイン「@willcom.com」が導入されることが発表された(画像クリックで拡大)

まずはじめに大まかな状況と発表の内容をプレゼンテーションしたウィルコム 取締役執行役員 副社長 土橋 匠 氏。本来、同社社長が登壇すべきだが所用で来場できないことを告げた(画像クリックで拡大)

発表内容の詳細を説明したウィルコム 執行役員 サービス開発本部長 黒澤 泉 氏。主にコンシューマ向け製品やサービスのトップとなる人物だ(画像クリックで拡大)

モバイルデータ通信の不調で純減傾向!強みである通話定額を伸ばしてカバー

 冒頭、土橋氏から直近の契約者数の推移について説明があった。同氏は「国内のケータイ業界は競争が激化し、端末の販売台数も下降している。さらに、毎月の純増数では、ウィルコムはここのところ苦戦が続いており、特にこの8月、9月と2ヶ月連続で純減になっている」と言及。また、まだわからないとした上で、今月も厳しい状況で純減の可能性が高いことを示唆した。

 この純減の理由として、通信速度が他の通信事業社に比べて劣っていることなどによるパソコン向けのモバイルデータ通信サービスの不調を挙げた。逆に、24時間通話定額やEメール定額などによる音声サービスは好調で、モバイルデータ通信サービスのマイナス分をカバーしているものの、純減している月をカバーしきれなかったため、マイナスになったということだ。

 このモバイルデータ通信サービスについては、来年4月に試験サービス、10月に本サービスが開始される予定となっている次世代PHSを利用した「WILLCOM CORE(ウィルコムコア)」を導入することによって挽回する、とした。それまでは大きなてこ入れはないようで、我慢の時期になっているとのことだ。

 そこで、モバイルデータ通信サービスの穴を埋めるために、好調な音声サービスをより強化するための新製品および新サービスといった施策を発表。それらにより「11月から契約者数で純増に転じたい」と意欲を見せた。

発表された新製品のそれぞれの位置付けについてまとめたスライド。右下にすでに発表されている「どこでもWi-Fi」も配置されており、左上の全部入りケータイの部分以外は埋まっている(画像クリックで拡大)

今回発表されたウィルコムの2008年秋冬モデルの発売日および直営オンラインショップ「ウィルコムストア」における価格。WILLCOM LUが12月初旬と遅めである以外は11月上旬から中旬と比較的早く発売される見込み(画像クリックで拡大)