本日一般公開日からのスクウェア・エニックスブースでは、ニンテンドーDSソフト『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』の「すれちがい通信」を使った「すれちがい名産品」のスペシャルデータを配信している。

『ドラクエV』の「すれちがい通信」は、ゲームの中に自分で作った「名産品」をすれ違った人と通信で交換できるというもの。「名産品」が作れる場所までゲームを進めておく必要がある(画像クリックで拡大)

 『ドラゴンクエストV』のゲームを「すれちがい通信」ができる状態まであらかじめ進めておいて、ブース付近で「すれちがい通信」の準備をしておくと、このイベントでしか手に入らない配信データを受信できるのだ。

 スクウェア・エニックスブース周辺はかなり混雑しているが、基本的には会期中の10時から16時45分までブース周辺で受け取れるので、あわてず落ち着いたときにブースに行ってみよう。

「すれちがい通信」の待ち受け状態にして、スクウェア・エニックスブースに行ってみよう。電波を使って配信しているので、場所によって受信しやすい場所としにくい場所がある(画像クリックで拡大)

データを受信するとこのような画面が出てくる。同じ手順で「すれちがい通信」を行っている来場者のデータを受信することもあるが、それはそれでまた楽しい(画像クリックで拡大)