任天堂は2008年10月2日、流通・メディア向け発表会「任天堂カンファレンス 2008.秋」を開催し、ニンテンドーDSの新型となる「ニンテンドーDSi(アイ)」を発表した。発売は11月1日を予定し、価格は1万8900円。

任天堂の岩田聡社長が登壇。直後にニンテンドーDSiを初お披露目した。黒く見えるのは、ニンテンドーDSとしては初めて搭載されたカメラのレンズだ(画像クリックで拡大)

「世帯普及1.8台」の限界突破を新モデルに託す

 初代から数えて2度目のモデルチェンジとなるこのニンテンドーDSiは、本体の若干のシェイプアップに加え、30万画素のカメラとSDメモリーカードスロットを搭載している。また内蔵ソフトは一新され、カメラを使って遊ぶための「DSiカメラ」、AACフォーマットの音楽データを再生できる「DSiサウンド」が標準搭載されている。

 任天堂がこの新モデルで掲げるのは、「1人に1台」という携帯ゲーム機の普及の“究極の姿”。国内のゲーム機市場最大の、発売から3年弱で2300万台というペースで普及したニンテンドーDSは、もはや限界に達し、飽和状態と考えられている。そこにきて、このニンテンドーDSiが投入されることになる。

 現時点でニンテンドーDSの普及台数は「1世帯あたり1.8台」。家庭内で共有されている例も多く、一家に1台から一人に1台という流れを作っていくことで、“限界”を突破し、さらなる普及を目指す考えだ。

本体カラーは黒と白の2種類が発売に。本体上面のDSのシンボルマークがなくなり、ツヤのないフラットな塗装が施されている。電源はボタンとなり、本体内側に装備された(画像クリックで拡大)