現在最高峰の画素数で解像度を確保しつつ、ノイズも大幅に抑制

 これまで最上位機種だったα700(有効1224万画素)の約2倍の画素数となる有効2460万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、解像度を飛躍的に高めた。デジタル一眼レフでは最高画素数を誇っていたキヤノンのフルサイズ機「EOS-1Ds MarkIII」(約2110万画素、実売価格83万円前後)を超える画素数となる。

 画像の解像感を従来より高めるため、ノイズを低減させるノイズリダクション回路を複数箇所に設けた。撮像素子では、センサーで受けた光をデジタル信号に変換して出力する前後に、ノイズを低減する回路を設けている。画像処理エンジン「BIONZ」では、最終的なJPEG画像を生成する前のRAWデータの状態でノイズリダクションを行っている(α900の撮影サンプルは、ソニーのWebサイト(http://www.sony.jp/products/Consumer/dslr/products/body/DSLR-A900/sample.html)で参照可能)。

α900の有効2460万画素フルサイズセンサー(左)と、α700の有効1224万画素APS-C型センサー(右)。高画素化により画素ピッチの縮小が懸念されるところだが、面積が約2.35倍に大きくなったことから、画素ピッチは逆に拡大している(α900は約5.9μmm、α700は約5.5μmm)。これがダイナミックレンジの拡大やノイズの低減につながったという(画像クリックで拡大)

フルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラとしては、初めてボディー内手ぶれ補正機構を搭載した(左がα900、右がα700用の手ぶれ補正ユニット)。撮像素子の大型化により、手ぶれ補正機構自体も大きく重くなっているが、ユニットを動かすアクチュエーターの力を約1.5倍に高めることにより、最大4段分の補正効果を実現した(画像クリックで拡大)

α900と同時発表になった、大口径の広角ズームレンズ「Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM」(希望小売価格は28万3500円)。スーパーEDガラスなどの採用により、画質にこだわった設計となっている。超音波モーター搭載により、AFの駆動も静かで高速だ(画像クリックで拡大)

こちらも同時発表の望遠ズームレンズ「70-400mm F4-5.6 G SSM」(希望小売価格は26万2500円)。高画質を特徴とするGレンズに属する。最短撮影距離は約1.5mと、同クラスの他社製レンズと比べて優れている。本体の色は新色のプラチナシルバーで、今後このクラスの高性能望遠レンズはプラチナシルバーを採用していくという(画像クリックで拡大)