有効1510万画素の高精細CMOSセンサーを搭載したミッドレンジモデル「EOS 50D」。これまでの「EOS 40D」と見た目の変化は少ないが、画質向上や機能の追加などで、内部は別物になっている(画像クリックで拡大)

 キヤノンは2008年8月26日、デジタル一眼レフカメラ「EOS DIGITAL」シリーズの新製品として、APS-Cサイズの撮像素子を搭載するミッドレンジモデル「EOS 50D」を発表した。

 予想実売価格は、ボディー単体モデルが15万円前後、標準ズームレンズが付属する「EOS 50D EF-S 17-85 IS U レンズキット」が20万円前後、新登場の高倍率ズームレンズが付属する「EOS 50D EF-S 18-200 IS レンズキット」が22万円前後の見込み(希望小売価格はいずれもオープン)。発売はいずれも9月下旬の予定。

 なお、高倍率ズームレンズ「EF-S 18-200mm F3.5-5.6 IS」は単品でも販売される。希望小売価格は9万3450円で、9月下旬発売予定となっている。

 EOS 50Dのおもな特徴や、EOS 40Dからの強化ポイントは以下の通り。

▼新開発のCMOSセンサーを搭載

・有効1510万画素に高画素化(EOS 40Dは有効1010万画素)
・高感度撮影時のノイズ低減により、ISO3200の常用を可能にした。感度拡張により、ISO6400や12800の超高感度撮影にも対応
・マイクロレンズのすき間をなくしたギャップレス化により、集光効率をアップ
・データの読み出し速度を従来の1.5倍に高速化
・ローパスフィルターの表面にフッ素コーティングを施すことにより、粘着性のあるゴミの付着を抑制

本体のデザインや大きさ、操作ボタン類のレイアウトなどはEOS 40Dとほとんど同じ。エンブレムを見なければ、どちらか分からないかもしれない。液晶モニターはサイズこそ3型で変わりないが、92万ドットになったことにより精細感が大幅に向上したほか、明るい場所での視認性も高まった(画像クリックで拡大)

新開発のCMOSセンサーは、画素の上にあるマイクロレンズのギャップをなくし、より多くの光がフォトダイオードに向かうよう改良している

EOS 50Dと同時発表となった、待望の純正高倍率ズームレンズ「EF-S 18-200mm F3.5-5.6 IS」(右)。IS(光学式手ぶれ補正機構)を内蔵し、35mm判換算で29~320mmを広くカバーする。超音波モーターではないが、AFの駆動は静かなうえに素早い印象だ。持ち運び中にレンズの繰り出しを防ぐためのズームリングロック機構を搭載しているのがうれしい。左は、ベストセラーになったニコンの「AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G」だ(画像クリックで拡大)

これまでに発売した、IS(手ぶれ補正機構)搭載レンズの手ぶれ補正ユニット。ユニット自体はかなりコンパクトな設計だが、シャッター速度換算で約4段分の補正効果を持つ(画像クリックで拡大)