駅ビルやデパートの女性用トイレでは、洗面台のほかに化粧台スペースを設けるところが増えていることをご存じだろうか。座って化粧直しができるように、鏡の前にソファを用意するデパートや駅ビルのトイレも少なくない。

「化粧直し用の個室スペースがあるトイレは混んでいることが多い。みんな狙って来ているみたい」と話すのは、休日はショッピングに費やすことが多いという都内に住む20代の女性。「落ち着いて化粧直しができる街中のスペースは貴重」と話す。

 化粧直しだけでなく、ストッキングの履きかえや、汗ばむ季節の着替え、香水のつけ直しなど、女性は外出後にも身だしなみを整えることに気を使う。これに目を付け、新たな個室空間を提供するサービスが始まった。2008年3月3日、渋谷駅から程近い宮益坂下にオープンした「COS-Pa(コスパ)」。着替えや化粧直しなどの「お色直し」が気兼ねなくできる女性専用のパウダールームだ。