ニコン

D700

発売日:2008年7月25日

実売価格:
32万8000円(ボディー)

実売価格:
40万6000円(レンズキット)

このモデルの注目ポイント ライバル機種はズバリこれ!
・画素ピッチの広い有効1210万画素のフルサイズCMOSセンサー
・超高感度撮影に対応、高感度ノイズも最小限
・被写体の追従機能も持つ充実したAF性能
・1kgを切る小型&軽量ボディー

 ニコンが満を持して発売した「D3」の登場から、早くも8カ月近くが経った。もっと手軽にFXフォーマットを楽しみたいというユーザーの声に応えて登場したのが、今回紹介する「D700」だ。

操作ボタンの配置などは、D3よりもD300に似ている

 D3が登場するまで、ニコンのデジタル一眼レフカメラは、35mmフィルムサイズのおよそ半分の面積となるAPS-Cサイズの「DXフォーマット」と呼ばれるイメージセンサーを採用してきた。DXフォーマット専用のDXレンズも、すでに数多くの製品が登場している。

 これに対し、D3で初登場したのが、35mmフィルムサイズ(36×24mm)とほぼ同じ36×23.9mmの「FXフォーマット」、いわゆるフルサイズに近い撮像面積を持ったイメージセンサーだ。D700は、ニコンとしては2台目のFXフォーマット機となる。

ニコンらしい機能性を重視した本体デザインや操作ボタンの配置は健在で、これまでのニコン製一眼レフユーザーならば違和感なく使いこなせるだろう。メモリーカードスロットの開閉レバーは廃止され、スロットを手で手前に引いて開けるタイプになった。D200やD300などのユーザーは、若干戸惑うかも

基本的なデザインはD300によく似ているが、実機を手にするとペンタ部の盛り上がりもあって、意外と大きく感じる。操作面では、背面のInfoボタン(液晶モニターの右下)の新設&2度の連続押しによる設定変更突入、マルチセレクターの中央に独立したボタンを設けるなど、D300と比べても使いやすさは確実に向上している