リコー

GX200

発売日:2008年7月4日

実売価格:6万4800円(ボディー単体)

実売価格:7万9800円(VF KIT)

このモデルの注目ポイント ライバル機種はズバリこれ!
・先代より高画素化した1/1.75型の有効1201万画素CCD
・ボタンの追加などで操作のカスタマイズ性を改善
・ホワイトバランス微調整などの細かな設定が可能
・広角撮影時の歪みをカメラ本体のみで補正できる
・ダイナミックレンジ拡張機能を搭載、撮影済み画像への適用も可能

 広角の強さを強みにするリコーのコンパクトデジカメの中でも、最も広い24mm相当の画角をカバーする「Caplio GX100」(以下、GX100)の後継機として、「GX200」が登場した。先に発売された「R8」と同じく「Caplio」のブランドネームが消え、レンズ上部にあったロゴも「Caplio」から「RICOH」に変更されているが、大きくデザインが変わったわけではない。これまでのリコーのデジタルカメラで進化した部分を取り入れつつ、新しい機能を搭載したのだ。

ユーザー好みの柔軟なカスタマイズが可能

 GX100と比べ、操作性の部分で大きな変化はないのだが、より自分の撮影スタイルに合わせたカスタマイズが可能になっている。GX100にあった左右回転式の「ADJ.レバー」や、本体上部左側の「Fnボタン」に加えて、背面の4方向ボタンの左側も「Fn2ボタン」として割り当てられ、より操作性の自由さが増した。

さまざまな撮影設定の変更が柔軟に行える、写真ファン向けの多機能コンパクトモデル「GX200」。2007年4月発売の「Caplio GX100」の後継モデルで、撮像素子の変更や操作系の改良、RAW撮影機能の拡充などが施された

 今までのように、露出補正やホワイトバランスなどの項目を呼び出し、4方向ボタンやダイヤルを使って変更するという操作に加え、ボタンを押すだけでJPEGとRAWの記録モードを切り替えたり、カラーと白黒を変えられるなど、設定内容は多彩になった。

 撮影設定を一括して設定しておき、すぐに切り替えられる「マイセッティング」機能も、2セットから3セットへと増加した。設定によっては、まったく違うカメラのような撮影設定を3つも使い分けることができる。