前回に引き続き、ニコンのデジタル一眼レフカメラ「D700」の製品版モデルで撮影した実写画像を紹介しよう。今回は、星カメラマンが室内撮影や夜景撮影にチャレンジしているので、高感度撮影時の実力をしっかり確かめたい。
 掲載した拡大画像はすべてオリジナルデータなので、D700の実力をじっくり見定めてほしい。前回の前編の記事と合わせてチェックしてみよう。

ニコン
D700
実売価格:32万8000円(ボディー単体)
発売日:2008年7月25日
有効画素数 約1210万画素
レンズ
マウント
ニコンFマウント
記録メディア コンパクトフラッシュ
バッテリー
撮影枚数
約1000枚
液晶モニター 3型(約92万ドット)
最高ISO感度 ISO25600相当
(拡張時)
●撮像素子:35mmフルサイズCMOSセンサー(36.0×23.9mm) ●最大記録画素数:4256×2832ドット ●バッテリー:専用充電池(EN-EL4a) ●サイズ:幅147×奥行き77×高さ123mm ●重さ:995g

基本感度がISO200となっているため、ISO400まで上げたとしてもたった1段しかゲインアップをしていない計算になる。常用してもまったく問題ない階調や精細感を持つ画像といってよい(AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED使用、ISO400、1/80秒、F8)(画像クリックで拡大)

スピードライトを使ってバウンスさせるなど、光を柔らかくする方法はいろいろあるものの、やっぱり現場の照明の雰囲気には勝てない。高感度をどんどん使って撮影したいカメラだ(AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED使用、ISO800、1/25秒、F4)(画像クリックで拡大)