2007年11月、当サイトの「ヒットの芽」で紹介した「フレックスクッション」というストレッチ用クッションが、その後も飛躍的な売れゆきを見せている。2006年11月の販売開始以来、最初の半年の販売個数は600個だったのが、その後1年で1万個も売れたのだ。

■参考記事 大手フィットネスクラブでも導入が進む、骨盤矯正クッション

 値段は1万290円と決して安くはない。その地味な見た目からも、飛ぶように売れるとは想像しにくい。一体なぜ急に売れ始めたのか。

フレックスクッション。1万290円(画像クリックで拡大)

 このクッションを開発、販売している坂田直明サンテプラス社長によると、急に売れ出した理由は、フィットネスクラブで実際に使った人の多くが買い求めた結果だという。以前「ヒットの芽」で紹介した際は、フィットネスクラブのティップネスが全60店で導入したと伝えたが、その後、セントラルスポーツ30店、ルネサンス30店でも、ストレッチスペースにこのクッションを設置。各クラブでは同商品の販売も行っているのだ。どうやらこのクッション、使ってみると、そのよさが分かる商品のようだ。