ニコンのデジタル一眼レフカメラ「D700」は、有効1210万画素のフルサイズCMOSセンサーや、高性能のオートフォーカス&露出制御など、プロ向けモデル「D3」相当の撮影性能を小型ボディーに凝縮しているのが特徴。さらに、D3と比べて20万円以上安い価格も大きな魅力だ。
 発売まであと10日に迫り、ソワソワし始めた人も少なくないだろう。そこで、ニコン使いの星カメラマンがD700の製品版モデルで撮影した実写画像を、このコーナーでいち早く公開しよう。今回掲載した拡大画像はすべてオリジナルデータなので、D700の実力をじっくり見定めてほしい。

ニコン
D700
実売価格:32万8000円(ボディー単体)
発売日:2008年7月25日
有効画素数 約1210万画素
レンズ
マウント
ニコンFマウント
記録メディア コンパクトフラッシュ
バッテリー
撮影枚数
約1000枚
液晶モニター 3型(約92万ドット)
最高ISO感度 ISO25600相当
(拡張時)
●撮像素子:35mmフルサイズCMOSセンサー(36.0×23.9mm) ●最大記録画素数:4256×2832ドット ●バッテリー:専用充電池(EN-EL4a) ●サイズ:幅147×奥行き77×高さ123mm ●重さ:995g

D3やD300が持つ「3D-RGBマルチパターン測光II」がD700にも搭載されており、露出の精度の高さはもちろん、露出の傾向も同じように感じられた。これまでのニコンユーザーならば、違和感なく露出を決められるはずだ(AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED使用、ISO200、1/200秒、F8)(画像クリックで拡大)

電源を入れてからの起動時間は0.12秒、シャッターボタンを押してから実際に撮影されるまでのタイムラグは0.04秒と、このあたりの性能もD3譲り。素早いレスポンスは、スナップ撮影でも有効だ(AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED使用、ISO200、1/400秒、F5)(画像クリックで拡大)