フルサイズの有効1210万画素CMOSセンサーを搭載した高性能デジタル一眼レフカメラ「D700」が、早くも編集部にやってきた! 改めて実機でD700をチェックしていこう(画像クリックで拡大)

 ニコンが7月25日に発売するデジタル一眼レフカメラ「D700」は、FXフォーマットの有効1210万画素フルサイズCMOSセンサーや、高性能のオートフォーカス&露出制御など、プロ向けモデル「D3」相当の撮影性能をコンパクトなボディーに凝縮したのが特徴。D3と比べて20万円以上安い33万円前後という実売価格もあって、早くも大きな話題となっている。

 発売を前に、D700の実機が編集部に到着したので、さっそくチェックすることにしよう。

基本的なデザインはD300によく似ているが、実機を手にするとペンタ部の盛り上がりもあって、意外と大きく感じる。操作面では、背面のInfoボタン(液晶モニターの右下)の新設&2度の連続押しによる設定変更突入、マルチセレクターの中央に独立したボタンを設けるなど、D300と比べても使いやすさは確実に向上している(画像クリックで拡大)