ソニー
Cyber-shot DSC-H50
実売価格:4万9800円
発売日:2008年5月16日
有効画素数 910万画素
光学ズーム 15倍
記録メディア MS Duo
撮影可能枚数 300枚
液晶 3型(23万ドット)
最高ISO感度 3200(910万画素)
●CCDサイズ:1/2.3型●最大記録画素数:3456×2592●レンズ焦点距離(35mm判換算):31~465mm●開放絞り値:F2.7~F4.5●最短撮影距離:1cm●動画:640×480、30fps●メモリー:内蔵(15MB)●バッテリー:専用充電池●サイズ:幅11.61×奥行き8.6×高さ8.14cm●重さ:415g
■Cyber-shot DSC-H50の注目ポイント!
・光学15倍の高倍率ズームレンズ搭載
・3型のマルチアングル液晶モニターを採用
・暗闇でも撮影できる「ナイトショット」機能

光学15倍のズームレンズを搭載するソニー「Cyber-shot DSC-H50」。今回、操作性や高倍率ズームレンズの実力、高感度画質などの項目を、前・後編に分けて詳細にレビューする。後編は充実した撮影モードや画質を中心に評価。なお、前編では操作系とレンズ周り中心に評価した。

3種のブラケット機能など、豊富な撮影機能を搭載

 Cyber-shot DSC-H50は、イメージ通りに撮影できるようにサポートしてくれる撮影機能を豊富に用意している。後編では、撮影機能の中からいくつか主だったモードを選び、テスト撮影を試みた。まずは、撮影機能の中でも特に便利だったブラケット機能から見ていこう。本機は「EVブラケット」「カラーモードブラケット」「ホワイトバランスブラケット」の3つのブラケット機能を持つ。それぞれ、露出、色味、ホワイトバランスの設定に悩んだ際に、設定の違う3枚の画像を撮影できるので重宝する。

カラーモードブラケット

カラーモードブラケットでは、一度に色合いの異なる3枚の画像を撮影できる。色合いは「標準」「リアル」「ビビッド」の3種(画像クリックで拡大)

標準(画像クリックで拡大)

リアル(画像クリックで拡大)

ビビッド(画像クリックで拡大)

ホワイトバランスブラケット

標準(画像クリックで拡大)

寒色系(画像クリックで拡大)