ソニー
Cyber-shot DSC-H50
実売価格:4万9800円
発売日:2008年5月16日
有効画素数 910万画素
光学ズーム 15倍
記録メディア MS Duo
撮影可能枚数 300枚
液晶 3型(23万ドット)
最高ISO感度 3200(910万画素)
●CCDサイズ:1/2.3型●最大記録画素数:3456×2592●レンズ焦点距離(35mm判換算):31~465mm●開放絞り値:F2.7~F4.5●最短撮影距離:1cm●動画:640×480、30fps●メモリー:内蔵(15MB)●バッテリー:専用充電池●サイズ:幅11.61×奥行き8.6×高さ8.14cm●重さ:415g
■Cyber-shot DSC-H50の注目ポイント!
・光学15倍の高倍率ズームレンズ搭載
・3型のマルチアングル液晶モニターを採用
・暗闇でも撮影できる「ナイトショット」機能

光学15倍のズームレンズを搭載するソニー「Cyber-shot DSC-H50」。今回、操作性や高倍率ズームレンズの実力、高感度画質などの項目を、前・後編に分けて詳細にレビューする。前編は操作系とレンズ周り中心に評価した。

 Cyber-shot DSC-H50は、31~465mm相当の範囲をカバーする光学15倍の高倍率モデルだ。有効画素数は910万画素、CCDサイズは1/2.3型を採用する。高倍率レンズの搭載に加え、本機の特徴として上下に可動するマルチアングルの液晶モニターも挙げられる。3型と大型ながら、上下方向ともに90度までの角度調整が可能で、撮影自由度を高めてくれる。望遠撮影時に心強い光学式の手ブレ補正を搭載するほか、最高ISO3200までに対応するなど、ブレ対策が充実する。

 豊富な撮影機能も魅力の一つ。マニュアル撮影機能や、多彩なブラケット機能、色調を補正できる「フィルターキット」など、基本機能をしっかり装備。さらに、シーンを自動的に認識して最適な設定に変更してくれる「おまかせシーン認識」や、暗闇での撮影を可能にした「ナイトショット」、笑顔を検知してシャッターを自動的に切る「スマイルシャッター」など便利な機能も搭載し、初心者からカメラ好きまで安心して使えるカメラとなっている。ボディー表面は「UVハードコート」で加工。傷が付きにくくなっている。カラーバリエーションはブラックとシルバーの2色を用意する。

これが光学15倍ズームレンズの実力だ!

●31mm相当
●465mm相当

光学15倍のズームレンズを使い広角端(31mm)と望遠端456mmで池を撮影した。望遠端では、池の中央にある岩の上に乗るカメの目玉まではっきりと写っている(画像クリックで拡大)

ユニークな顔検出機能

大人と子どもの顔を判別し、子どもの顔に優先してピントを合わせる機能を搭載(画像クリックで拡大)

顔検出機能を利用し、人物の顔が写っている画像を検索してくれる機能も持つ(画像クリックで拡大)

カラーバリエーションは、「ブラック」と「シルバー」の2色を用意する(画像クリックで拡大)