ゴールデンウィークの銀座歩行者天国――。突然、赤い横断幕と青いのぼりを持った集団が現れ、練り歩き始めた。中央に立つのは実力派俳優の武田鉄矢。その脇を渡辺裕之、苅谷俊介が固め、新人俳優の森太熊(もり・たくま)が、歩行者に向けて声を張り上げる。

 「皆さん一緒に、我々と映画を作りましょう! 来年春公開の映画です。皆さんの協力をお待ちしています!」

 最初は何事かと、遠巻きにして見ていた人々は、武田鉄矢や渡辺裕之らに気づくと、我先にとケータイを片手に、“パレード”の周囲に集結。一気に黒山の人だかりとなった。

 実は、この騒動は武田鉄矢主演の新作劇場映画『降りてゆく生き方』製作発表会の1つとして仕掛けられたサプライズイベントのひとコマ。

映画タイトル『降りてゆく生き方』の横断幕を持って主要キャストが銀座の歩行者天国をパレード(画像クリックで拡大)