ニコン
COOLPIX P80
実売価格:4万5300円
発売日:2008年4月25日
有効画素数 1010万画素
光学ズーム 18倍
記録メディア SD(SDHC対応)
撮影可能枚数 250枚
液晶 2.7型(23万ドット)
最高ISO感度 6400(300万画素記録)
●撮像素子サイズ:1/2.33型●最大記録画素数:3648×2736●レンズ焦点距離(35mm換算):27~486mm●開放絞り値:F2.8~F4.5●最短撮影距離:1cm●動画:640×480、30fps●メモリー:内蔵(50MB)●バッテリー:専用充電池●サイズ:幅11×奥行き7.8×高さ7.9cm●重さ:365g
■COOLPIX P80の注目ポイント!
・光学18倍の高倍率ズームレンズ搭載
・広角端27mm相当とワイド撮影にも強い
・13コマ/秒の高速連写対応

光学18倍のズームレンズを搭載し注目を浴びているニコン「COOLPIX P80」。今回は使い勝手と画質を綿密にチェックし、前・後編に分けてお届けする。後編は豊富な撮影モードと画質を中心に評価する。なお、前編では操作系、レンズ周りを中心に評価した。

「スポーツ連写モード」など、豊富な撮影モードを搭載

 COOLPIX P80は、撮影に便利な機能や面白い機能を多く搭載している。今回はその豊富な撮影モードの中からいくつかピックアップし、テスト撮影を試みた。まずは、COOLPIX P80のアピールポイントの一つである「スポーツ連写モード」を見てみたい。同モードは、記録画素数が300万画素以下に制限されるものの、秒間13コマで最大約30コマの写真撮影を実現した機能だ。電子シャッターを使っているので、液晶モニターの画像が消えることなくビデオカメラのように被写体を追いながら撮影ができる。ただし、電車、車、飛行機のライトや太陽といった光の強い被写体を撮影すると、垂直方向に光の筋が入るスミアが出ることが多かったので、気をつけたいところ。鳥やスポーツなどを撮影するには問題ないだろう。

スポーツ連写モード

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)