ニコン
COOLPIX P80
実売価格:4万5300円
発売日:2008年4月25日
有効画素数 1010万画素
光学ズーム 18倍
記録メディア SD(SDHC対応)
撮影可能枚数 250枚
液晶 2.7型(23万ドット)
最高ISO感度 6400(300万画素記録)
●撮像素子サイズ:1/2.33型●最大記録画素数:3648×2736●レンズ焦点距離(35mm換算):27~486mm●開放絞り値:F2.8~F4.5●最短撮影距離:1cm●動画:640×480、30fps●メモリー:内蔵(50MB)●バッテリー:専用充電池●サイズ:幅11×奥行き7.8×高さ7.9cm●重さ:365g
■COOLPIX P80の注目ポイント!
・光学18倍の高倍率ズームレンズ搭載
・広角端27mm相当とワイド撮影にも強い
・13コマ/秒の高速連写対応

光学18倍のズームレンズを搭載し注目を浴びているニコン「COOLPIX P80」。今回は使い勝手と画質を綿密にチェックし、前・後編に分けてお届けする。前編は操作系とレンズ周りを中心に評価した。

 COOLPIX P80は、27~486mm相当のレンズ焦点距離を持ち、広角から望遠まで幅広くカバーしてくれるモデルだ。同倍率を誇るモデルはほかに、富士フイルム「FinePix S8100fd」や、オリンパスイメージングの「CAMEDIA SP-560UZ」、松下電器産業の「LUMIX DMC-FZ18」などがあるが、本機はクラス最小のボディーをうたっている。光学18倍の高倍率ズームレンズともなるとF値が暗くなりがちだが、本機は開放でF2.8~4.5と明るめ。マニュアル撮影機能や、秒13コマのスポーツ連写機能なども搭載し、初心者からハイアマチュアまで満足できる仕様のカメラだ。

 撮像素子には有効1010万画素の1/2.33型原色CCDを搭載。画像処理には同社の画像処理コンセプト「EXPEED」を採用している。液晶モニターは視認性の高い2.7型、電子ビューファインダーは0.24型だ。高倍率ズームレンズを搭載する機種には欠かせない手ブレ補正機構「VR」もしっかり搭載し、安心して望遠撮影を楽しめる。

これが光学18倍ズームレンズの実力だ!

●27mm相当
●486mm相当

光学18倍の高倍率ズームの広角端(27mm相当)と望遠端(486mm相当)で灯台を撮影した。光学18倍ズームレンズの威力を感じてもらえるだろう。広角端での作例では豆粒ほどの灯台が、望遠端でははっきりと写り、周辺にいる人の姿までも分かる(画像クリックで拡大)