松下電器産業
LUMIX DMC-FX500
実売価格:4万6800円
発売日:2008年4月12日
有効画素数 1010万画素
光学ズーム 5倍
記録メディア SD(SDHC対応)
撮影可能枚数 280枚
液晶 3型(23万ドット)
最高ISO感度 6400(300万画素記録)
●CCDサイズ:1/2.33型●最大記録画素数:3648×2736●レンズ焦点距離(35mm換算):25~125mm●開放絞り値:F2.8~F5.9●最短撮影距離:5cm●動画:1280×720、30fps●メモリー:内蔵(50MB)●バッテリー:専用充電池●サイズ:幅9.49×奥行き2.29×高さ5.71cm●重さ:155g
■LUMIX DMC-FX500の注目ポイント!
・広角側25mm相当からの光学5倍ズームレンズ搭載
・タッチパネル式の3型液晶モニターを採用
・画面の被写体にタッチすれば自動で追尾
・黒つぶれを防ぐ機能を追加したシーン自動判別機能「おまかせiA」

 広角モデルとして人気を集める「LUMIX FX」シリーズのフラッグシップモデルが「LUMIX DMC-FX500」だ。LUMIXで初搭載となる3型のタッチパネル式液晶モニターを搭載するのが大きな特徴となる。同モニターを活用した世界初のタッチ式被写体追尾機能「タッチ動体追尾AF/AE」を内蔵するほか、広角端25mm相当からはじまる光学5倍ズームレンズを装備するなど、豊富な新機能を搭載する。

 FXシリーズのフラッグシップモデルらしく、マニュアル機能が充実。絞り優先AE、シャッター速度優先AEに加え、スリムコンパクトながらマニュアル露出機能まで用意している。撮像素子は下位モデル「LUMIX DMC-FX35」と同じ、有効1010万画素の1/2.33型CCD。画像処理エンジンには「ヴィーナスエンジンIV」を採用する。光学式手ブレ補正を搭載するほか、300万画素に記録画素数が固定されてしまうものの、高感度モード時には最高ISO6400で撮影できるなど、ブレ対策が充実している。ボディーカラーは2色あり、ギャラクシーブラックとストーンシルバーを用意する。

ストーンシルバー(左)、ギャラクシーブラック(右)の2色を用意(画像クリックで拡大)