専用端末はノートPCタイプとPDAタイプ

 ホームサーバーPCにアクセスして使うPCリモーターでできることは、ホームサーバーPCを離れた場所から遠隔操作し、コンテンツを視聴したり、PCリモーターに接続したメモリーカードなどのデータとLui SX内のデータをやりとりすること。

 Windows CE 5.0ベースのOSを使っており、サーバーPCと接続していない場合は、InternetExplorer(Windows CE版)を使ってWebが閲覧できる(ネットワーク接続時のみ)ほか、ゲーム(ソリティア)ができる。

 サーバーPCとの接続はあらかじめ設定したパスワードを入力するだけ。サーバーPCの電源が入っていなくても、PCリモーターから遠隔で電源を入れられる。電源を切ることも可能だ。

 遠隔操作時の画質と操作性は、PCモードとMovieモードの2種類から選べる。PCモードはレスポンスを重視し、Webページの閲覧や文章作成ソフトなどを使って作業するのに向いている。Movieモードは、ネットワークの速度変化のふれが原因で発生する動画のカクツキや音のとぎれの発生を抑える。

 サーバーPCとPCリモーターでデータをやりとりするファイル転送機能は、FTPソフトのようなユーザーインターフェースで、どのファイルをどこに移動させるかが一目で分かるようになっている。PCリモーター本体にはストレージはないため、本体に接続したSDメモリーカードやUSBフラッシュメモリーを使ってデータをやりとりする。

ファイル転送機能の画面(画像クリックで拡大)

 PCリモーターは、ノートパソコン型の「Lui RN」とPDA型の「Lui RP」の2種類を用意。Lui RNは1024×768ドット表示対応の10.6型ワイド液晶ディプレイを備えたB5ファイルサイズ。最薄部は約15.8mmで、重さは約659g。きょう体はマグネシウムを使っており、堅ろう性に配慮した。本体のサイズは幅258×奥行き199×高さ15.8~23.9mm。バッテリー駆動時間は約4.6時間(無線LANでのサーバ連続接続時)。ネットワーク機能はIEEE802.11b/g対応の無線LANと100BASE-TX/10BASE-Tを備える。操作はスティック型ポインターと、2ボタン、スクロールボタンで行う。キーボードは、キーピッチが17mm、キーストロークが2.5mmの85キー。キーピッチは同社のモバイルノート「LaVie J」と同等だ。本体右側にSDメモリーカードスロットとUSBポートを2つ搭載する。

 PDA型のLui RPは、タッチパネル付きの800×480ドット表示対応の4.1型ワイド液晶ディスプレイを備える。ディスプレイ部分をスライドするとQWERTY配列のキーボードが現れる。コンパクトなキーボードだが、使い勝手を考慮して、カーソルキーと数字キーを独立させた。本体のサイズは幅142×奥行き80×高さ22mm、重さは約249g。バッテリー駆動時間は約5.4時間となっている。スライドしてキーボードを出さなくても操作できるいように、本体左にカーソルスティックを装備。ネットワーク機能はIEEE802.11b/g対応の無線LAN機能を内蔵。インターフェース類は本体上部にUSBポートを2つ、コンパクトフラッシュカードスロット、SDメモリーカードスロット、ヘッドホン出力とマイク入力共用の平型コネクターなどを備える。

ノートパソコン型のPCリモーター「Lui RN」。10.6型ワイド液晶ディスプレイを備えたB5ファイルサイズ。厚さ15.8~23.9mmという薄さが魅力で、重さも約659gに押さえている。ボディーはマグネシウム製で堅ろう性にも配慮した(画像クリックで拡大)

シリーズ名 PCリモーター Lui RN/RP
モデル名 Lui RN(ノート型) Lui RP(PDA型)
ディスプレイ 10.6型ワイド(1024×768ドット) 4.1型ワイド(800×400ドット)
無線機能 IEEE802.11b/g
駆動時間 約4.6時間 約5.4時間
サイズ 258(W)×199(D)×15.8~23.9(H)mm 142(W)×80(D)×22(H)mm
重さ 約649g 約249g
価格 9万円前後 5万円前後
発売日 2008年4月24日